トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 6月 > 「絵筆とカメラで探る東京の都市景観展」を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2012年6月26日  都市整備局

「絵筆とカメラで探る東京の都市景観展PART17」の開催について

 東京都では、東京をより魅力的で潤いのあるまちにしていくため、歴史的建造物を選定し、その保存や活用を通じて歴史的な景観の形成を図っています。
 このたび、この取組を都民の皆様に周知するとともに、東京の景観の良さを広く知っていただくために、NPO法人「東京を描く市民の会」との共催で、「絵筆とカメラで探る 東京の都市景観展 PART17」を、以下のとおり開催いたします。

会期

 平成24年7月11日(水曜日)~15日(日曜日) 午前9時30分~午後4時00分
 ただし、11日(水曜日)は正午から、15日(日曜日)は午後2時00分まで

会場

 目黒区立駒場公園内 旧前田侯爵邸洋館

料金

 入場無料

展示作品

 1992年から2012年の東京の歴史や文化をふまえた都市風景の作品
 (絵画 約60点、写真 約20点)

 なお、7月14日(土曜日)に以下のとおり、シンポジウムを実施いたします。

テーマ

 20年の記憶・1992年~2012年

パネリスト

 佐野ぬい(画家 女子美術大学名誉教授)
 佐藤泰生(画家 和光大学教授)
 上葛明広(画家 女子美術大学教授)
 前野まさる(東京藝術大学名誉教授)

日時

 平成24年7月14日(土曜日)午後1時00分~2時30分まで

会場

 旧前田侯爵邸洋館 1階

料金

 入場無料(先着90名まで)

問い合わせ先
都市整備局都市づくり政策部緑地景観課
 電話 03-5388-3359

ページの先頭へ戻る