ここから本文です。

報道発表資料  2012年6月26日  青少年・治安対策本部

アスリートがあいさつ運動を応援します!
あいさつ・ふれあいチャレンジプロジェクトの実施について

 東京都と心の東京革命推進協議会(青少年育成協会)では、次代を担う子供たちに対して、親と大人が責任を持って正義感や倫理観、思いやりの心を育み、人が生きていく上で当然の心得を伝えていく「心の東京革命」を推進しています。
 この取組の一つとして、さまざまなアスリートが学校や地域のイベントを訪れ、子供たちと親や大人との交流を通じて、あいさつの大切さを訴えるとともに、規範意識を育むことを目的に「あいさつ・ふれあいチャレンジプロジェクト」を実施しています。
 このたび、平成24年7月分の実施予定をまとめましたので、お知らせします。

1 日時・会場

 別表「あいさつ・ふれあいチャレンジプロジェクト実施予定表(7月分)」をご参照ください。

2 内容

 アスリートが自身の経験を基に、実技を交えながら、児童や保護者にあいさつやチームワークの大切さについて語りかけます(詳細は別表参照)。

3 協力アスリート

 黒木知宏(くろきともひろ) シドニー五輪日本代表(野球)
 荻原健司(おぎわらけんじ) アルベールビル・リレハンメル五輪複合団体金メダリスト(スキー)

「2020年の東京」への実行プログラム2012事業
本件は、「2020年の東京」への実行プログラム2012において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標7 「誰もがチャレンジできる社会を創り、世界に羽ばたく人材を輩出する」
 施策19「子供たちの知・徳・体を鍛え、次代を担う人材を育成する」

問い合わせ先
青少年・治安対策本部総合対策部青少年課
 電話 03-5388-3098

ページの先頭へ戻る