トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 6月 > 第10回アジア危機管理会議の概要について

ここから本文です。

報道発表資料  2012年6月14日  政策企画局

アジア大都市ネットワーク21「危機管理ネットワーク」
第10回アジア危機管理会議(バンコク)の概要について

 アジア大都市ネットワーク21では、バンコク都において「第10回アジア危機管理会議」を開催しました。「大都市における危機管理の経験」をテーマに、8都市から約90名の専門家が参加し、各都市の関心の高さを反映する結果となりました。
 特に今年の会議では、昨年の東日本大震災を踏まえた東京都の取組や、タイ洪水に際してのバンコク都の対応について報告がなされ、各都市との間で活発な意見交換が行われました。

写真
第10回アジア危機管理会議
記念撮影

1 日程

 平成24年6月13日(水曜)から14日(木曜)まで

2 場所

 バンコク都 サイアム・シティ・ホテル

3 参加都市:8都市(約90名)

 バンコク(開催都市)、デリー、クアラルンプール、マニラ、ソウル、シンガポール、台北、東京(幹事都市)

4 テーマ

 「大都市における危機管理の経験」

5 概要

 別紙 「第10回アジア危機管理会議 概要」のとおり

6 成果

  1. バンコク都から、昨年の大洪水の発生時の対応と、洪水発生の要因の分析を踏まえた新たに発生するであろう洪水への対処方策の検討・実施に関する報告があり、台風・洪水が多発するアジア各都市から強い関心が寄せられた。
  2. 各都市から災害発生時の「自助・共助」強化に向けた施策の報告があった。東京都からは防災隣組の育成(総務局総合防災部)、モデル警察署における地域版パートナーシップの醸成(警視庁)、木密地域の住民の初期消火能力向上のための指導(東京消防庁)等に関する報告を行い、地域共同体への働きかけの重要性を共有した。
  3. 参加各都市の洪水への取組や、化学コンビナートでの火災などの都市災害の概要や活動についての報告と積極的な質疑が行われ、自然災害だけでなく、大都市の発展に起因する災害への対処もアジア各都市にとって危機管理上の重要な課題であることを確認した。
  4. 2013年の第11回アジア危機管理会議をマニラで開催することに合意した。

問い合わせ先
知事本局外務部国際共同事業担当
 電話 03-5388-2236

ページの先頭へ戻る