トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 6月 > 都による農畜産物中の放射性物質検査

ここから本文です。

報道発表資料  2012年6月8日  産業労働局

東京都による農畜産物中の放射性物質検査(第55報)について

 福島第一原子力発電所の事故を受け、都は平成24年度産アシタバの検査を行いましたので、お知らせします。

1 検査内容及び結果

(1) 検査実施機関

 東京都農林総合研究センター

(2) 検査対象品目

  • 大島町、八丈町で栽培されたアシタバを使用した乾燥アシタバ5検体
  • 八丈町のアシタバ生葉1検体

(3) 検査結果(詳細は別紙)

 検査した結果、アシタバ生葉は検出限界値未満でしたが、乾燥アシタバ5検体のうち2検体において放射性セシウムが基準値を上回りました。

※別紙 都内産農畜産物(第55報)の放射性物質検査結果

2 乾燥アシタバについて

 乾燥アシタバとは、原材料のアシタバを熱処理して、重量で10分の1程度に乾燥させたもの。主な用途としては、アシタバ茶や粉末パウダーの原料として利用されることが多い。その他、ふりかけなどとして一部がそのままで利用される場合もある。

3 今後の対応

(1) 都からの要請と通知

 都は、基準値を上回った乾燥アシタバを生産した2事業者に対して、次の事項を要請しました。なお、基準値を上回った平成24年度産の乾燥アシタバは、販売されていないことを確認しました。

  1. 2事業者が取り扱う平成24年度産乾燥アシタバの出荷・販売の自粛
  2. 今回の検査において、基準値を上回った乾燥アシタバの廃棄

(2) 今後の対応について

 2事業者が取り扱う乾燥アシタバの全ロットについて、早急に検査を実施します。都は、今後とも関係機関と連携し、都内産農畜産物の放射性物質検査を実施していきます。

問い合わせ先
(都内産農畜産物の放射性物質検査に関すること)
産業労働局農林水産部
 電話 03-5320-4828

ページの先頭へ戻る