ここから本文です。

報道発表資料  2012年6月6日  産業労働局

地域連携型モデル商店街事業を指定しました!
地域おこしやまちづくりに対応した商店街のモデル事業を区市町村と連携して支援します。

 東京都では、商店街の地域での役割を高めるとともに、商店街の活性化を図るため「地域連携型モデル商店街事業」を実施しています。この事業は、商店街が地域住民や大学、企業、NPO等の地域団体と連携して行う環境、福祉、観光等の地域ニーズに対応した地域おこしやまちづくりなどの優れた取り組みをモデル事業として指定し、その実施を支援するものです。
 今年度は、次の2事業をモデル事業に指定しました。

モデル事業の概要

「ボロ市・代官屋敷界隈商店街活性化まちづくりプロジェクト」(世田谷区 ボロ市開催・代官屋敷周辺地域)

 世田谷ボロ市や代官屋敷といった地域資源を活かしたまちづくりを進めるため、統一的なファサード・看板を設置するなどの景観整備や商品開発等の事業を行います。これらの取り組みにより、地域の活性化を図り、まちあるきを目的とする区内外からの来街者の増加を目指します。

イメージ
(ファサードを整備したイメージ)

「上板橋 まもりん坊AAA(トリプルエー)プロジェクト」(板橋区 上板橋駅南口周辺地域)

 商店街が中心となり、交流拠点の整備・運営を行い、住民同士が交流できる機会を設け、子育て支援、安心・安全といった地域ニーズに応える取り組みを実施していきます。地域の課題を地域で解決していく仕組みをつくることで、持続可能なコミュニティー形成を目指します。

イメージ
(商店街のイメージキャラクター)

※今後、東京都、公益財団法人東京都中小企業振興公社、専門家等によるサポート会議を設置して、事業計画の改善や効果的な事業実施のための支援を行っていきます。

問い合わせ先
産業労働局商工部地域産業振興課
 電話 03-5320-4787

ページの先頭へ戻る