ここから本文です。

報道発表資料  2012年5月1日  総務局

平成23年年報「都民のくらしむき」(東京都生計分析調査報告)

 東京都生計分析調査は、都民の暮らし向きを明らかにすることを目的として、都内に居住する2人以上の世帯を対象に、家計における収入(勤労者世帯・無職世帯)及び全ての支出(全世帯)を調査するものです。家計調査(総務省実施)と合わせて792世帯の結果を分析し、平成23年年報をまとめましたので、お知らせします。

収支の動向

 全世帯の消費支出 314,480円(1世帯当たり年平均1か月間)
 対前年増加率 名目5.2%減 実質4.7%減

《特集》「東日本大震災後の都民の消費の動き(全世帯)」

 東日本大震災後、家計消費に一時的な増加や減少など変化が見られた。

  • 一時的に支出が増加した品目
     米、トイレットペーパー、電池など
  • 一時的に支出が減少した品目
     食事代、入場・観覧・ゲーム代など
  • 一時的に支出が増加した後、増加が続いている品目
     ミネラルウォーター

一時的に支出が増加した品目

図3-1-6 電池の月別支出金額の動き
(平成23年と平成18~22年平均との比較)

一時的に支出が減少した品目

図3-2-5 入場・観覧・ゲーム代の 月別支出金額の動き
(平成23年と平成18~22年平均との比較)

※詳しい内容・データ等は統計情報のページの都民のくらしむきに掲載しています。

問い合わせ先
総務局統計部社会統計課
 電話 03-5388-2554

ページの先頭へ戻る