トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 5月 > 医療や介護の現場における復職支援研修を実施

ここから本文です。

報道発表資料  2012年5月29日  福祉保健局

看護職員の現場復帰を応援します!
医療や介護の現場における復職支援研修を実施

 東京都では、看護職員の確保対策に取り組んでおり、その一環として、離職した看護職員の復職を支援する研修を行っています。
 これは、再就業を希望する看護職員を対象に、身近な地域で経験やスキルに応じたきめ細かな講義、実習や就業相談等を行うものです。実習については、病院のほか、訪問看護ステーションや介護老人保健施設等でも可能となっており、復職先に関する様々なニーズにも応えられるものとしています。
 今年度も、「東京都看護職員地域就業支援病院」を29病院指定し、研修を実施しますのでお知らせします。

1 平成24年度指定病院

 別紙参照

2 研修等の内容

対象

 保健師、助産師、看護師、准看護師の資格を有し、現在離職中の方

内容

 最新の医療に関する講義、採血や注射等の実習、病棟での看護体験、ライフスタイルに合った職場紹介や就業相談等

期間

 7日間(1日、5日コースもあります。)

費用

 無料

※病院における研修終了後、訪問看護ステーション、クリニック、介護老人保健施設等において、2日間の研修(施設見学、患者や施設利用者に対する看護の実習等)を受けることができます。

3 研修受講の申込み

 研修は、7月頃から実施する予定です。受講を希望される方は、指定病院(別紙に記載)のうちの希望する病院に直接連絡してお申込ください。各病院の研修日程等の詳細や受付窓口については、決まり次第、医療人材課ホームページに掲載するとともに、各病院からもお知らせします。

「2020年の東京」への実行プログラム2012事業
本件は、「2020年の東京」への実行プログラム2012において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標6「少子高齢社会における都市モデルを構築し、世界に範を示す」
 施策17「生涯にわたり健康に暮らし、質の高い医療が受けられる社会を創る」

問い合わせ先
福祉保健局医療政策部医療人材課
 電話 03-5320-4447

ページの先頭へ戻る