ここから本文です。

報道発表資料  2012年5月15日  産業労働局

「職人塾」塾生募集
職人技を体験しよう

 東京都では、若者に職人のもとへ弟子入りする機会を提供し、「親方と弟子」という形で「職場体験実習」を行います。
若者が優れた職人技を目にし、職人の指導のもと「ものづくり」を実際に体験することで、ものづくり職種への理解を深めるきっかけとするとともに、技能の継承、後継者の育成に結びつけていくことを目的としています。

事業概要

対象

 34歳以下で未就業者か臨時的な職に就いている方

定員

 40名(職種により希望者が集中した場合受講できないこともあります。)

体験期間

 1ヶ月(20日程度)(6月下旬から随時実施予定です。)

職種

 貴金属装身具、日本調理、造園、印章彫刻、家具製作、建具製作、洋裁、和裁、内装仕上げ、江戸表具、木工塗装、タイル張り、いす張り、本染手拭、捺染(なっせん)、漆器、手描友禅、左官など。

申込

 6月1日(金曜)~(定員に達し次第〆切 ※予約制)

申込場所

 東京しごとセンター3階ヤングコーナー (千代田区飯田橋3-10-3)
 電話 03-5211-2851(事前に電話予約し、来所してください)

『職人塾』の体験の様子を動画で紹介しています。

 実際に染工場で「職人塾」を体験している様子をダイジェストで紹介。こんな体験をしてみませんか?
 タイトル:「職人塾」~親方に学ぶ、東京の職人技!~
 URL:http://www.metro.tokyo.jp/SUB/MOVIE/TOKYOMOVIE/MOVIE/syokunin0.htm

職場体験体験実習までの流れ

応募理由

  • 職人の仕事に興味がある。
  • 貴金属装身具・本染手拭い・造園・木工塗装・いす張りなど専門的な仕事がしたい。
  • 伝統産業やものづくりに興味がある、伝統技能を身に付けたい。

貴金属装身具

指輪、ブローチなどの装飾品をデザインからオリジナル作品を作ります

和裁(着物を布地から手で作る仕事です)

着物を布地から手で作る仕事です

本染手拭い(注染(ちゅうせん)

「注染(ちゅうせん)」は世界でも類を見ない日本の伝統的な技法の染め方です。

平成23年度 職人塾 事業実績

募集期間

 平成23年6月1日~随時受付

職場体験実施事業所

 10職種 19事業所で職場体験実習を実施
 (いす張り、洋裁、和裁、印章彫刻、貴金属装身具、木工塗装、家具製作、日本調理、本染手拭い、捺染)

応募者数

 90名

職場体験参加者

 40名(実習事業所、関連業界に就職した方 4名)

本事業は東京都と東京都職業能力開発協会が協力して行います。

職種内容・体験実習についての問い合わせ先

 東京都職業能力開発協会
 千代田区飯田橋3-10-3 7階
 電話 03-5211-2354

本事業全体の問い合わせ先

 産業労働局雇用就業部能力開発課
 電話 03-5320-4715
 http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/

問い合わせ先
(職種内容・体験実習について)
東京都職業能力開発協会
 電話 03-5211-2354
(本事業全体について)
産業労働局雇用就業部能力開発課
 電話 03-5320-4715

ページの先頭へ戻る