トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 5月 > ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2012

ここから本文です。

報道発表資料  2012年5月14日  産業労働局

短編では日本唯一 米国アカデミー賞公認、アジア最大級のショートフィルムの祭典!
ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2012
平成24年6月15日(金曜)~6月24日(日曜)

 短いもので1分、長いものでも25分という短時間にメッセージが凝縮されたショートフィルム。世界各国から集まった、選りすぐりのショートフィルムが楽しめる「ショートショート フィルムフェスティバル」は、今年で14回目を迎えます。
 また、石原慎太郎都知事の提案で始まった「ショートショート フィルムフェスティバル アジア」は今年で9回目。東京都は、日本をはじめアジア各国の若手映像作家の育成及び映像を通した国際的な芸術・文化交流の振興を目的として、本映画祭に共催し、アジアインターナショナル部門、ジャパン部門の各優秀賞作品に、都知事賞を授与しています。
 今年も両映画祭を「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)」として同時開催します。

SSFF&ASIA 2012メインビジュアル

開催日時・会場

  • 6月15日(金曜)~6月19日(火曜) ラフォーレミュージアム原宿
  • 6月22日(金曜)~6月24日(日曜) 表参道ヒルズ スペースオー ほか

厳選約100作品一挙上映!

 世界112の国と地域による4400本以上の応募の中から選りすぐりの約100作品を一挙上映。
 オフィシャルコンペティション3部門(インターナショナル部門、アジアインターナショナル部門、ジャパン部門)の各優秀賞の中から選ばれるグランプリ作品は、2013年米国アカデミー賞短編部門ノミネート候補となります。

5月26日(土曜)、27日(日曜)ショートフィルムプレ上映会初開催!【無料】

 映画祭開催に先立ち、ショートフィルムの楽しさ・面白さをいち早く知っていただくため、都民ホールにてプレ上映会を開催します(無料)。
 米国アカデミー賞短編部門ノミネート作品を含む6作品75分のプログラムを一日5回上映します。(詳細は別紙参照)

今年の注目作品

アジア インターナショナル部門特別招待作品『グレートラビット』

 第62回ベルリン国際映画祭短編部門銀熊賞受賞作品
 その存在のグレートたる由縁は何なのか。


アカデミー賞プログラム『津波そして桜』

 第84回アカデミー賞短編部門ノミネート作品
 東日本大震災の被災地の復興を描くドキュメンタリー。


チケット売り切れ必至!人気プロデューサーによるセミナー開催!

 5月5日公開『宇宙兄弟』等多数のヒット作を手掛ける川村元気氏が、セミナーの講師に登場!
 次世代を担う若手映像作家に向けて、ヒット作の極意や将来の映像ビジネスについて語ります。

※6月16日(土曜)13時20分~ ラフォーレミュージアム原宿にて

【川村元気氏】
 26歳で映画『電車男』を企画し大ヒットを記録。2010『告白』『悪人』では日本アカデミー賞を総なめにした。

※上映プログラムやチケット情報はこちら⇒ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2012 公式ホームページ

問い合わせ先
産業労働局観光部振興課
 電話 03-5320-4800
ショートショート フィルムフェスティバル&アジア事務局
 電話 03-5474-8844

ページの先頭へ戻る