トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 5月 > 新たに都立公園が11.8ヘクタール拡大

ここから本文です。

報道発表資料  2012年5月28日  建設局

新たに都立公園が11.8ヘクタール広がります!

 東京都では、「2020年の東京」計画(平成23年12月)に掲げた、「水と緑の回廊で包まれた美しいまち東京の復活」に向け、都立公園の整備を順次進めています。
 このたび、平成24年6月1日に追加開園する都立公園をお知らせします。
 今回開園するのは、井の頭恩賜公園、大戸(おおと)緑地、野山北・六道山(のやまきた・ろくどうやま)公園など14公園、合計約11.8ヘクタールです。

開園する代表的な公園

井の頭恩賜公園(三鷹市・武蔵野市)

写真
芝生広場
写真
遊具コーナー

 開園箇所:三鷹市下連雀一丁目
 追加開園面積:約1.8ヘクタール
 合計開園面積:約40.5ヘクタール

 若者に人気の吉祥寺にあり、静かなたたずまいを見せる井の頭池や雑木林、運動施設などがある公園です。
 今回追加開園する場所は、三鷹の森ジブリ美術館の南側、平成24年9月29日から10月28日にかけて行われる「全国都市緑化フェアTOKYO」の催し物会場の一部となる区域で、既存の樹木を活用するとともに、新たにケヤキ、コブシ、ネムノキなどを植栽しています。
 施設では、芝生広場や遊具コーナーなど、地域に親しまれる空間を整備するほか、吉祥寺通りの歩道に沿って園路を設け、地域の安全性の向上にも役立つよう工夫しました。


開園するその他の公園

大戸緑地(町田市)

 追加開園面積:約4.1ヘクタール
 合計開園面積:約10.8ヘクタール

 多摩丘陵の最西端に位置し、明治の森高尾国定公園に連なる丘陵地にある公園です。自然豊かで、高尾山系の植物も散見されます。
 既存の樹林を活かして、自然を観察できる散策路や休憩用のパーゴラなどを整備しました。

野山北・六道山公園(武蔵村山市、西多摩郡瑞穂町)

 追加開園面積:約3.2ヘクタール
 合計開園面積:約192.0ヘクタール

 狭山丘陵の西端に位置し、雑木林と谷戸の組み合わせによって里山の豊かな自然環境を保全している公園で、都立公園の中で最大の広さを有しています。
 里山体験エリアには、藁葺き屋根の民家を模した体験施設もあります。
 今回は、尾根に通じる散策路の整備や、利用の多い林間遊具広場の近くに新たにトイレ(60平方メートル)の建築を行いました。

城北中央公園(板橋区、練馬区)、石神井公園(練馬区)、舎人公園(足立区)、篠崎公園(江戸川区)、平山城址公園(八王子市)、浅間山公園(府中市)、府中の森公園(府中市)、小山田緑地(町田市)、狭山公園(東村山市、東大和市)、八国山緑地(東村山市)、六仙公園(東久留米市)
 11公園追加面積計:約2.7ヘクタール

「2020年の東京」への実行プログラム2012事業
 都立公園の整備は、、「2020年の東京」への実行プログラム2012において、以下の目標・施策に指定されています。
 目標3 水と緑の回廊で包まれた、美しいまち東京を復活させる
 施策7 緑のネットワークをつなげ、自然豊かな東京を次世代へ継承する

問い合わせ先
(整備内容について)
建設局公園緑地部公園建設課
 電話 03-5320-5381
(開園、利用について)
建設局公園緑地部公園課
 電話 03-5320-5376
(整備計画について)
建設局公園緑地部計画課
 電話 03-5320-5371

ページの先頭へ戻る