トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 5月 > 保護したフンボルトペンギンの健康状態について

ここから本文です。

報道発表資料  2012年5月25日  建設局

葛西臨海水族園情報
保護したフンボルトペンギンの健康状態について

 葛西臨海水族園(園長 西源二郎)において、5月24日17時30分頃保護したフンボルトペンギン1羽のその後の健康状態についてお知らせします。

写真
【診察中のフンボルトペンギン(幼鳥)】

1. 種類

 フンボルトペンギン(幼鳥)

2. 頭羽数

 1羽 ※性別不明

3. 健康状態

 5月25日(金曜)
 9時頃 上野動物園から獣医が来園し、担当立会いのもと、ペンギンの診察を行った。

1) 全般:
 栄養状態は良く、人に対する反応も良い。脚にも異常はみられない。

2) 目の異常:
 眼が充血し、やや腫れていた。結膜炎の疑いがある。しばらくは目薬をさして治療を行う。

3) 翼の付け根の状態:
 翼の付け根につけていたリング(個体識別用)の影響で羽が一部抜けていた。リングを外し診察したが、皮膚に異常はなかった。

4) 検疫:
 細菌検査を行うため、最低でも1週間の検疫期間が必要となる。何か異常が見つかった場合は、投薬などが必要で検疫期間は延長する可能性がある。

4. 今後の予定

 引続き、獣医の指導のもと、検疫を行い、健康状態を見守っていく予定です。
 一般公開は、今のところ未定です。

参考

フンボルトペンギン Spheniscus humboldti ペンギン目ペンギン科

 体長約60~70センチメートル。ペルーからチリまでの太平洋沿岸に生息します。コロニー(集団繁殖地)を作り、岩の隙間や海鳥類の糞が長年にわたって堆積してできた地層(グアノ)などに穴を掘って巣穴とします。日本の動物園や水族館ではもっとも多く飼育されているペンギンですが、野生での生息数は気候の変動や漁業の影響などに減少し、絶滅が心配されています。ワシントン条約(CITES)付属書1に記載されており、国際的に商業取引が規制されています。

※付属書1の正しい表記はローマ数字です

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
葛西臨海水族園
 電話 03-3869-5152

ページの先頭へ戻る