ここから本文です。

報道発表資料  2012年5月20日  水道局

三郷浄水場の系統変更の実施について

 東京都水道局では、これまで三郷浄水場におけるホルムアルデヒド濃度の監視を行ってきましたが、原水の状態が安定せず、排出源がいまだ特定されていないことから、万全を期すため、三郷浄水場の送水を停止し、午前9時30分、他の浄水場からの送水系統に変更しました。この系統変更に伴う断水等の給水への影響はありません。

 本日午前5時00分、三郷浄水場の送水において、ホルムアルデヒド濃度0.099ミリグラム/リットル(水質基準0.08ミリグラム/リットル以下)が検出されましたが、同浄水場の水は、給水所に送られ、他の浄水場の水と混合されて濃度が半分程度となり、お客さまに給水されることから、水道水は基準値を下回るため安全です。
 また、他の利根川・荒川水系の浄水場では、高度浄水処理施設が稼働しているため、ホルムアルデヒドを除去することができます。

 水道局では引き続き、濃度の変動を監視し適切な運用に努めてまいります。

系統変更実施日時

 5月20日 午前9時30分

問い合わせ先
水道局浄水部浄水課
 電話 03-5320-6447
水道局浄水部浄水課水質担当
 電話 03-5320-6448

ページの先頭へ戻る