トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 5月 > 東京都若年性認知症総合支援センターの運営を開始

ここから本文です。

報道発表資料  2012年5月9日  福祉保健局

東京都若年性認知症総合支援センターの運営を開始します

 これまで、65歳未満のいわゆる現役世代で発症する若年性認知症については、相談窓口が一本化されてないため、早期の相談に繋がらないという問題がありました。
 そこで、東京都は全国で初めて、若年性認知症の多岐にわたる相談のワンストップ窓口となる「東京都若年性認知症総合支援センター」を開設します。
 本センターは、一人ひとりの若年性認知症の人の状態を適確に把握したうえで、必要なサービスが過不足なく提供されるよう支援するとともに、地域包括支援センター等の専門機関からの相談にも対応し、若年性認知症特有の問題解決を図ります。

1 名称

 東京都若年性認知症総合支援センター
 (特定非営利活動法人いきいき福祉ネットワークセンター内)

2 場所

 目黒区碑文谷5-12-1 TS碑文谷ビル3階
別紙参照

3 運営開始日

 平成24年5月18日(金曜日)

4 相談窓口

 若年性認知症の人や家族等を対象とした相談に若年性認知症専門の支援コーディネーターが対応します。また、地域包括支援センターや医療機関等の専門機関からの相談については、相互に連携し、必要な助言を行います。

  1. 電話による相談
     電話番号 03-3713-8205(平日9時00分から17時00分まで)
  2. ファクス・Eメールによる相談
     ファクス番号 03-6808-8576
     Eメール jyakunen@ikiikifukushi.jp
  3. 直接面談
     電話にて日時の予約を行ってください

5 その他

 本事業は特定非営利活動法人いきいき福祉ネットワークセンターに委託し実施します。

「2020年の東京」への実行プログラム2012事業
本件は、「2020年の東京」への実行プログラム2012において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標6「少子高齢社会における都市モデルを構築し、世界に範を示す」
 施策15「高齢者の多様なニーズに対応した社会システムを構築する」

問い合わせ先
福祉保健局高齢社会対策部在宅支援課
 電話 03-5320-4276

ページの先頭へ戻る