ここから本文です。

報道発表資料  2012年4月26日  教育庁

平成23年度進学指導診断について

 東京都教育委員会は、都立高校における進学指導のマネージメントの定着を図るため、進学指導に関する専門的な知識を有し、学校に対して進学実績の向上に資するアドバイスを行うことのできる進学指導アドバイザー(=予備校等の外部講師)を学校に派遣する進学指導診断を、平成22年度から実施しています。
 この度、平成23年度の診断結果をまとめた「平成23年度 進学指導診断報告書」を作成・配布したのでお知らせします。
 概要は別紙のとおりです。

※別添 平成23年度 進学指導診断報告書(PDF形式:3.17MB)

問い合わせ先
教育庁指導部高等学校教育指導課
 電話 03-5320-6845

〔別紙〕

進学指導診断の概要

1 目的

 都立高校における進学指導のマネージメントの定着を図るため、進学指導に関する専門的な知識を有し、学校に対して進学実績の向上に資するアドバイスを行うことのできる進学指導アドバイザー(=予備校等の外部講師)を学校に派遣し、進学指導診断を実施する。

2 実施校 (12校)

進学指導推進校

 国際高校、竹早高校、墨田川高校、武蔵野北高校、小金井北高校

中高一貫教育校

 桜修館中等教育学校、小石川中等教育学校、白鴎高校、両国高校

進学指導重点校

 青山高校、戸山高校、立川高校

3 進学指導アドバイザーを派遣する予備校等(4社)

 河合塾、駿台予備学校、ベネッセコーポレーション、代々木ゼミナール

4 実施内容等

(1) 進学実績向上のための経営戦略の診断

 校長、副校長を対象として、学校が目指す進学指導のあり方、進学実績向上に向けた具体的な取組及び進学実績の状況等について診断及びアドバイスを行う。

(2) 進学指導体制の診断

 進路指導部の構成員、学年進路担当者を対象として、進学指導体制、進学指導内容、各学年との連携及び補習や補講等の取組等について診断及びアドバイスを行う。

(3) 指導力向上に向けた教科指導の診断

 国語、数学、英語の各教科それぞれ2名の教員と、地歴公民及び理科のうち1教科について2名の教員を対象として、教科の指導方法、学力の最終到達目標達成に向けた授業の妥当性、授業の評価及び大学受験への動機付け等について診断及びアドバイスを行う。

ページの先頭へ戻る