トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 4月 > 介護サービス事業所の指定の一部の効力の停止処分

ここから本文です。

報道発表資料  2012年4月24日  福祉保健局

介護サービス事業所の指定の一部の効力の停止処分について

 本日、都は、介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)第77条第1項の規定に基づき、指定通所介護事業所について、本日から6か月間、指定の一部の効力を停止することを決定しました。

1 事業者の名称・所在地

(1) 名称

 株式会社サンラック
 代表取締役 播磨秀樹

(2) 所在地

 東京都新宿区高田馬場二丁目18番6号 柳屋ビル

2 事業所名等

(1) 名称

 茶話本舗デイサービス二番茶屋

(2) 所在地

 東京都狛江市岩戸南二丁目23番14号

(3) サービスの種類

 通所介護

3 指定の一部の効力の停止の内容

 平成24年4月24日から同年10月23日までの6か月間、新規利用者の受け入れ停止

4 指定年月日

 平成22年1月1日

5 介護保険法に基づく処分理由

不正の手段による指定申請(法第77条第1項第9号)

 東京都においては、指定居宅サービス事業者が指定を受けるに当たって、人員基準を満たしているかどうかを確認するため、勤務予定者全員の資格証等の裏面等に指定を受ける事業所に勤務する意思のある旨を記載した自筆の誓約文等を、指定申請書に添付するよう求めている。
 しかしながら、株式会社サンラックが運営する指定通所介護事業所「茶話本舗デイサービス二番茶屋」は、指定申請時(平成21年11月30日)に届出されている従業者の当該事業所に勤務するという意思確認をするための誓約書について、指定申請前(平成21年11月27日)に財団法人東京都福祉保健財団の指定申請窓口において、本人の自筆による誓約文等を添付するよう説明を受けていたにもかかわらず、生活相談員及び介護職員について、本人以外の者が署名・押印して作成した虚偽の誓約書を添付して指定申請し、不正の手段により法第41条第1項の指定を受けた。

〔参考〕関係法令

介護保険法(平成9年法律第123号)

(指定の取消し等)
第77条 都道府県知事は、次の各号のいずれかに該当する場合においては、当該指定居宅サービス事業者に係る第41条第1項本文の指定を取り消し、又は期間を定めてその指定の全部若しくは一部の効力を停止することができる。
 一~八(-略-)
 九 指定居宅サービス事業者が、不正の手段により第41条第1項本文の指定を受けたとき。
 十~十三(-略-)

(公示)
第78条 都道府県知事は、次に掲げる場合には、当該指定居宅サービス事業者の名称又は氏名、当該指定に係る事業所の所在地その他の厚生労働省令で定める事項を公示しなければならない。
 一~二(-略-)
 三 前条第1項又は第115条の35第6項の規定により第41条第1項本文の指定を取り消し、又は指定の全部若しくは一部の効力を停止したとき。

問い合わせ先
(監査結果)
福祉保健局指導監査部指導第一課
 電話 03-5320-4290
(処分内容(介護保険))
福祉保健局高齢社会対策部介護保険課
 電話 03-5320-4593

ページの先頭へ戻る