トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 4月 > 都・区市町村教育委員会の東日本大震災被災地視察研修

ここから本文です。

報道発表資料  2012年4月16日  教育庁

東京都及び区市町村教育委員会指導主事等による東日本大震災被災地視察研修について

 東京都教育委員会は、東京都における防災安全教育の充実を図るため、東京都及び区市町村教育委員会の指導主事等による東日本大震災被災地の視察研修について以下のとおり計画しておりますのでお知らせします。

1 目的

 東京都及び区市町村教育委員会の指導主事等が、小・中学校版防災教育補助教材「3.11を忘れない」(概要は別紙(PDF形式:227KB)参照)に掲載されている内容に関係する被災地の学校等を訪問し、当日の被災状況や復旧・復興の状況、「自助・共助・公助」の具体的な事例を収集する。また、学校関係者や保護者・地域住民等に直接話を聞くことで、東日本大震災を踏まえた都及び区市町村教育委員会における実践的な防災教育を推進するための見識を高める。

2 日程

 平成24年5月22日(火曜日)から24日(木曜日)まで(2泊3日)

3 視察場所

 宮城県東松島市、石巻市、福島県いわき市

4 研修内容例

  1. 3.11当日、津波を逃れて校庭から避難した際の避難経路を実際に歩くこと。
  2. 避難所における子供たちの活躍について聞くこと。
  3. 3.11当日及びその後の救助活動や復旧支援活動等、公助の取組について体験談を聞くこと。
  4. 避難者受入校として、対応を続けた校長・副校長の体験談を聞くこと。
  5. 地震後の生活について、地元住民と懇談すること。

5 視察研修の成果について

  • 参加者一人一人が役割を担当し、本研修で撮影した写真、視察記録、講演記録等をDVD等にまとめた「指導資料(報告書)」を作成する。
  • 作成した「指導資料(報告書)」を活用し、都及び区市町村教育委員会における防災教育を一層推進する。

6 その他

  1. 参加者については、都教育委員会及び区市町村教育委員会指導主事等60名程度を予定しています。

※参考 現在決定している視察先

問い合わせ先
教育庁指導部指導企画課
 電話 03-5320-6836

ページの先頭へ戻る