トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 4月 > 23年度「東京ユビキタス計画・銀座」実証実験を継続

ここから本文です。

報道発表資料  2012年4月2日  都市整備局

平成23年度「東京ユビキタス計画・銀座」
スマートフォンを活用した実証実験の継続について

 東京都は国土交通省と連携し、最先端のユビキタスID技術(※)を活用して、まちの魅力や活力を高めるとともに、誰もが安心してまち歩きを楽しむことができるユニバーサルデザインのまちづくりを目指して、平成18年度より「東京ユビキタス計画・銀座」の実証実験に取り組んでいます。
 平成23年度は、個人所有のスマートフォンを用いて銀座のまちの情報を多言語で提供する実験のほか、車いす使用者の方等を対象とした移動支援実験やスマートフォンの貸出などを実施してまいりました。
 このうち、個人所有のスマートフォンを用いて銀座のまちの情報を多言語で提供する実験を平成24年度も継続して行うことになりましたので、お知らせします。また、平成24年3月31日までにすでにダウンロードされているアプリについても、継続して使用可能です。

※ 「場所」や「もの」に世界唯一の固有識別子“ucode”を付け、コンピュータが自動認識することにより、現実世界とバーチャル空間を結び付ける最先端のテクノロジー

1 実験実施期間

2 実験内容

  • 所定のサイトから専用のアプリケーション(以下「アプリ」という。)をダウンロードすることで、個人所有のスマートフォンを用いて、ユビキタス技術を活用したサービスを体験することができます。
  • ダウンロードしたアプリを起動し、スマートフォンを持って実験実施エリア内を歩くと、スマートフォンが自動的に今いる場所を識別します。そして、銀座の店舗や名所、イベント情報及びバリア情報等についての検索や、あらかじめ登録したキーワードに応じて、それに関連した周辺情報を自動的に通知する、今いる場所に応じた情報提供サービス等を体験することが可能となります。また、見どころ情報をまとめたツアーガイド等の体験もできます。
  • 情報提供は、日本語、英語、中国語(繁体字、簡体字)及び韓国語の4言語5種類で行います。

3 実験実施エリア

 銀座地区(銀座一丁目~八丁目) 下図参照

案内図

4 利用方法

  • Google Play(旧Android Market)からアプリ「ココシル(R)銀座」をダウンロードしてください。
    なお、このアプリはAndroidバージョン2.2以上に対応しております。
  • アプリのダウンロードは、無料です。

5 その他

 「東京ユビキタス計画」実証実験に関する詳細は「東京ユビキタス計画」ホームページ(公開は終了しました)をご覧ください。

問い合わせ先
都市整備局総務部企画経理課
 電話 03-5388-3268

ページの先頭へ戻る