トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 3月 > 全国初「東京都障害者スポーツ振興計画」を策定

ここから本文です。

報道発表資料  2012年03月28日  スポーツ振興局

国・全国の都道府県で初めてとなる
「東京都障害者スポーツ振興計画」を策定しました

 このたび、東京都では、障害のある人もない人も、だれもがスポーツに親しむ「スポーツ都市東京」を目指し、今後の障害者スポーツ振興の方向性や方策等を明らかにする「東京都障害者スポーツ振興計画」を下記のとおり取りまとめましたので、お知らせいたします。

1 策定の背景・位置づけ

  • 平成22年7月のスポーツ振興局設立により、一般スポーツと障害者スポーツが一元化され、都においては障害者スポーツもスポーツ行政として一体的に推進
  • 本計画は、そのための指針となる中長期の振興計画であり、国をはじめ全国の都道府県で初の取組

2 計画の概要

(1) 基本的考え方

 現状の課題である1)情報の不足、2)場の不足、3)指導者の不足、4)競技力強化策の不足に対応するための取組を具体化

(2) 振興の方策と具体的取組の例

1)障害者スポーツを広め、障害のある人に対するスポーツ活動への円滑な導入を促進
  • 障害者スポーツ専門ポータルサイト「TOKYO障スポ・ナビ」の開設
    都内公共施設のバリアフリー情報や障害者スポーツ教室などの情報が満載。東京の障害者スポーツについてあらゆることが分かるサイトを新たに開設します。
  • パラリンピアン出前授業
    障害者スポーツのトップアスリートであるパラリンピアンが、特別支援学校や小・中・高校に出かけ、自らの体験を通して感受したスポーツの素晴らしさを伝えます。
  • 都民体育大会と東京都障害者スポーツ大会の合同開会式
    大会史上初!2つのスポーツ大会の開会式を合同開催し、障害のある人とない人が互いのスポーツ競技への理解を深め、交歓を図ります。
2)障害のある人が地域でスポーツ活動を継続できる環境を整備
  • 障害者スポーツ地域開拓推進事業
    地域開拓推進員が区市町村等様々な地域に出張訪問し、障害のある人が身近な地域でスポーツを楽しめる場を開拓していきます。
  • 地域スポーツクラブへの障害者の参加促進
    地域におけるスポーツ活動の場である地域スポーツクラブに、障害のある人もない人もともにスポーツを楽しめる場を広げていきます。
  • 障害者スポーツセミナーの実施
    区市町村職員、地域スポーツクラブ、スポーツ推進委員等を対象に実践的なセミナーを実施し、地域において障害者スポーツを支えるキーパーソンを育成します。
  • ピア・インストラクティングの推進
    障害のある人の仲間同士や、障害のある人と関わる機会の多い社会福祉施設の職員を通して、スポーツを広めていきます。
    ※ピア:仲間、友人、同僚等の意
3)障害者スポーツへの取組体制を強化
  • 強化練習会の新規開催
    国内外のトップレベルの競技大会での東京都選手の活躍を目指して、障害のあるアスリートの競技力を向上させる強化練習会を開催します。

※計画の概要及び本文

3 意見募集の結果

 本計画の策定にあたっては、広く都民の皆様から募集した御意見を参考にさせていただきました。お寄せいただいた主な御意見と都の考え方については、別添のとおりです。

※別添 「東京都障害者スポーツ振興計画(原案)」に対して寄せられた御意見について(PDF形式:189KB)

本件は「2020年の東京」への実行プログラム2012において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
目標8 施策22 「トップアスリートの育成と、誰もがいつまでもスポーツに親しめる環境を実現する」

問い合わせ先
スポーツ振興局スポーツ事業部調整課
電話 03-5320-7729

ページの先頭へ戻る