トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 3月 > 新しい「東京都高齢者保健福祉計画」を策定

ここから本文です。

報道発表資料  2012年03月27日  福祉保健局

高齢者の自立と尊厳を支える社会の実現に向けて
新しい「東京都高齢者保健福祉計画」を策定しました!

 平成27年(2015年)には都民のおよそ4人に1人が高齢者となり、これまでにない超高齢社会を迎えようとしています。そこで東京都では、新しい「東京都高齢者保健福祉計画」を策定しました。
今後、この計画に基づき、大都市東京の特性を生かし、高齢者の自立を支援し、高齢者が尊厳をもって、住み慣れた地域で自分らしく生き生きと暮らせる安心な社会の構築に努めてまいります。

計画期間中(平成24~26年度)の重点的取組

  1. 介護サービス基盤の整備
    • 特別養護老人ホームなど介護保険施設等の整備促進
    • 認知症高齢者グループホームの整備促進
  2. 在宅療養の推進
    • 「24時間安心の在宅療養支援体制」の構築
    • 訪問看護のサービス拠点の整備
  3. 認知症対策の総合的な推進
    • 認知症の人と家族を地域で支える仕組みづくり
    • 認知症疾患医療センターでの認知症の診断・治療、地域の関係者との連携推進、人材の育成等への支援
  4. 高齢者の住まいの確保
    • 医療、介護、住宅が連携したモデル事業の実施
    • サービス付き高齢者向け住宅の質の確保
  5. 介護人材対策の推進
    • 介護人材の安定した確保・定着・育成に向けた総合的な取組
    • 医療と介護の連携強化のための介護支援専門員の育成
  6. 地域活動の担い手としての高齢者の支援
    • 高齢者が「地域社会を支える担い手」として活動できる環境の整備
    • 高齢者の見守り、支え合いの仕組みづくり

第1号被保険者数(65歳以上)と要介護認定者数の見込み(平成24年1月の区市町村見込値の集計)

  • 第1号被保険者数/平成26年度:約290万人(平成23年度比:約27万人増)
  • 要介護認定者数/平成26年度:約53万人(平成23年度比:約7万人増)

公表について

  • 福祉保健局ホームページに掲載しています。
  • 都民情報ルーム(都庁第一本庁舎3階北側、平日9時00分~18時15分)にて閲覧及び購入ができます。

問い合わせ先
福祉保健局高齢社会対策部計画課
電話 03-5320-4565

ページの先頭へ戻る