トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 3月 > 平成24年度「東京都革新商材事業化支援事業」募集

ここから本文です。

報道発表資料  2012年3月8日  産業労働局

経営革新計画の実現を後押し!
開発した新商品の試験費用を補助します
~平成24年度「東京都革新商材事業化支援事業」募集のご案内~

 東京都では中小企業新事業活動促進法に基づき、新商品や新サービスの開発等により経営の向上を目指す「経営革新計画」の承認を行っております。
 都が承認した経営革新計画に基づき、開発に成功した新商品の事業化を後押しするため、第三者試験機関での性能試験費用や国内外の取引の前提となる認証等の試験費用を都が補助します。

1 事業概要

応募資格

 都が承認した経営革新計画(※)に基づき新商品(以下、革新商材という)を開発し、事業化を進めている中小企業。
※平成24年4月1日現在で、経営革新計画承認後1年以上経過し、かつ計画期間終了前であることが要件です。

補助内容

  • 補助率
    2分の1以内
  • 補助限度額
    100万円
  • 補助対象期間
    交付決定日から平成25年3月末までに試験し、支出した経費

補助経費

 革新商材の事業化に必要な試験評価費用
※対象となる試験機関については、実施要綱で定めます。

受付期間

 平成24年4月5日(木曜)から平成24年10月18日(木曜)まで

スケジュール

イメージ

 申請書ダウンロード、申請場所や事業詳細については、本事業のホームページをご覧ください

2 事業実施の例(平成23年度)

商材を分野別に見ると・・

  • 電気製品(無線機、理化学試験機等)
  • 機械製品(リサイクル建築資材等)
  • 化学製品(消火剤、堆肥化促進剤)

試験目的を分類すると・・

  1. 海外(欧州、アジア)への製品輸出に必要な試験
  2. 第三者試験機関での性能評価試験
  3. 国内の製品認証(製造販売の承認等)に伴う試験

想定している補助対象の試験事例

  1. 革新商材を欧州へ輸出する場合に必要なCEマーキング(※)取得に係る試験費用
    ※欧州連合地域で販売される指定製品に貼付を義務付けられる基準適合マークのことで、「EU指令」の必須安全要求事項に適合したことを示すマーク
  2. 革新商材を他社と差別化するために必要な性能試験、販路拡大に有効な認証試験費用
    ~機械・電気電子・化学・建築・食品・生物等の試験、安全性の確認等~

3. 説明会を開催します(申請に対し必須ではありません)

開催日時・会場

  日時 場所
第1回 平成24年3月27日(火曜)
10時00分~11時00分(全体説明)
上記、終了後ご要望に応じて個別技術相談を実施。
(公財)東京都中小企業振興公社3階第2会議室
千代田区神田佐久間町1-9
第2回 平成24年4月5日(木曜)
10時00分~11時00分(全体説明)
上記、終了後ご要望に応じて個別技術相談を実施。
東京都庁 第1本庁舎25階第105会議室
新宿区西新宿2-8-1
第3回 平成24年4月5日(木曜)
13時30分~14時30分(全体説明)
第4回 平成24年5月11日(金曜)
10時00分~11時00分(全体説明)
上記、終了後ご要望に応じて個別技術相談を実施。
(公財)東京都中小企業振興公社3階第2会議室
千代田区神田佐久間町1-9

※第5回、第6回の説明会も7月、9月に実施予定です(ホームページにて、会場など決まり次第公表いたします)。

説明会内容

 補助事業説明、申請書の記載方法、質疑応答
※技術員が商材の試験に関するご相談にも応じます。

説明会申込について(先着順)

 本事業のホームページから申込用紙をダウンロードの上、ファクスにて産業労働局商工部経営支援課にお申込ください。
 ファクス:03-5388-1465

本事業の狙い

 経営革新計画が承認され、新商品開発に成功しても、競合製品との性能差別化や、海外販売時において世界各国の厳しい安全基準への適合等が求められるなど、中小企業が新商品を市場に送りだすには数多くの課題があります。
 本事業の狙いは、経営向上に努力する中小企業のこれらの課題に応えるため、中小企業が開発に成功した革新商材に係る性能試験や、国内外の取引の前提となる認証取得に要する経費を都が補助することで、経営革新計画の実現を後押しするものです。

※本事業は、東京都議会にて平成24年度予算案が議決された後、正式決定となります。

問い合わせ先
産業労働局商工部経営支援課
 電話 03-5320-4795

ページの先頭へ戻る