トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 3月 > 多摩動物公園 レッサーパンダの「ダイズ」が移動

ここから本文です。

報道発表資料  2012年3月26日  建設局

多摩動物公園情報
レッサーパンダの「ダイズ」が移動します
~那須どうぶつ王国へ行ってきます~

 多摩動物公園(園長 田畑直樹)では、繁殖のために那須どうぶつ王国(栃木県那須郡那須町)にメスのレッサーパンダ「ダイズ」を移動することになりましたのでお知らせします。
 那須どうぶつ王国と同時発表しています。

1 移動するレッサーパンダ

写真
いってらっしゃい、ダイズ

 名前(性別):ダイズ(メス)
 年齢:1歳9カ月
 2010年6月14日 多摩動物公園生まれ

※ダイズの名前の由来:
 産まれた時、産箱の中で双子の姉妹で丸まって寝ている様子が、マメが転がっているようだったのでマメの名前で来園者から命名募集し、「ダイズ」と「アズキ」という名前になりました。


2 移動日

 平成24年4月2日(月曜)

3 経緯

 那須どうぶつ王国では、新しいオスのレッサーパンダを導入し、繁殖を目指しています。そこで、ブリーディングローン(※)により、当園よりメスの「ダイズ」を貸し出して、新たな繁殖に結びつくように協力することとなりました。

※ブリーディングローン(繁殖貸与)
 繁殖を目的とした動物の貸借契約のことです。動物園館で個体を移動させることによって、新しいペア形成を促し、繁殖に寄与することを目的としています。

4 当園での飼育状況

 8頭(オス4頭、メス4頭) ※「ダイズ」を除きます。

5 国内の飼育状況(2010年12月31日現在)

 シセンレッサーパンダ 51園館 213頭(オス109頭、メス104頭)
※資料:(社)日本動物園水族館協会

参考

レッサーパンダ(ワシントン条約附属書1表、東京都ズーストック種)

  • 分類
    食肉目 アライグマ科
    以下の2亜種に分類されていますが、当園では、シセンレッサーパンダを飼育展示しています。
    • ヒマラヤ系(Ailurus fulgens fulgens)ネパールレッサーパンダ
    • 中国系(Ailurus fulgens styani)シセンレッサーパンダ
  • 分布
    ヒマラヤ、中国(四川省)
  • 生息地
    海抜1,500~4,000メートルの温帯山岳地にある森や竹やぶ
  • 習性等
    産児数は1~2頭(まれに3頭)、妊娠期間は90~150日、誕生時の体重は100~150グラム

※ワシントン条約附属書の数字の正しい表記はローマ数字です。

「10年後の東京」への実行プログラム2011
Visit Zooキャンぺーンは、「10年後の東京」への実行プログラム2011において、以下の目標・施策に指定されています。
 目標6 都市の魅力や産業力で東京のプレゼンスを確立する
 施策18 東京の魅力・東京の文化を世界に発信

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
多摩動物公園
 電話 042-591-1611
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る