トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 3月 > 小笠原諸島母島 樹木の枝折り被害に関する都の対応

ここから本文です。

報道発表資料  2012年3月23日  環境局

小笠原諸島母島 乳房山(ちぶさやま)登山道における樹木の枝折りに
関する東京都の対応について

 今般、小笠原国立公園特別保護地区内の母島乳房山登山道において、100本以上の樹木の枝が折られる被害がありました。
 本件について、下記のとおり経緯及び東京都の対応をお知らせいたします。
 今後も引き続き関係機関とともに小笠原諸島の自然環境保全に努めてまいります。
 より一層のご協力のほどよろしくお願いいたします。

1 経緯

  • 3月3日(土曜) 10時00分頃 東京都自然ガイドが乳房山に観光客とともに登った際、枝が折られていることを発見した。
  • 3月5日(月曜) 都レンジャー(東京都自然保護員)が現地確認を行った。

2 東京都の対応

  • 東京都小笠原支庁が、3月10日(土曜)、乳房山5箇所、母島船客待合所の計6箇所に注意喚起のポスター等を設置した。
  • 都レンジャー等による巡回を強化している。
  • 関係機関と連携して、利用者に対する普及啓発を徹底する。

問い合わせ先
環境局自然環境部緑環境課
 電話 03-5388-3508

ページの先頭へ戻る