トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 3月 > 4病院が国の「地域がん診療連携拠点病院」に指定

ここから本文です。

報道発表資料  2012年3月9日  福祉保健局

新たに4病院が国の「地域がん診療連携拠点病院」に指定されました

 東京都では、国が指定する「がん診療連携拠点病院」及び国の地域拠点病院と同等の高度な診療機能を有する施設を都が独自に認定する「東京都認定がん診療病院」の整備を進めています。
 国は、本日、「がん診療連携拠点病院の指定に関する検討会」において、現在指定されている都内20か所のがん診療連携拠点病院に加え、本年4月から新たに4病院を指定することを決定しました。
 がん診療連携拠点病院24病院と、東京都認定がん診療病院10病院の、合わせて34病院で高度ながん医療を提供するとともに、地域のがん診療連携体制を充実させ、都全体のがん医療水準を向上させていきます。

※本件は厚生労働省と同時発表しています。

1 がん診療連携拠点病院一覧(計24か所)

※印:これまでの都認定病院から、国の拠点病院に新規指定された病院

都道府県がん診療連携拠点病院(2か所)

  • 東京都立駒込病院
  • 公益財団法人がん研究会有明病院

地域がん診療連携拠点病院(22か所)

  • 聖路加国際病院
  • 順天堂大学医学部附属順天堂医院
  • 東京大学医学部附属病院
  • 日本医科大学付属病院
  • NTT東日本関東病院
  • 昭和大学病院
  • 日本赤十字社医療センター
  • 慶應義塾大学病院
  • 東京女子医科大学病院
  • 東京医科大学病院
  • 帝京大学医学部附属病院
  • 日本大学医学部附属板橋病院
  • 青梅市立総合病院
  • 東京医科大学八王子医療センター
  • 武蔵野赤十字病院
  • 杏林大学医学部付属病院
  • 東京都立多摩総合医療センター
  • 公立昭和病院
  • (新規指定※)東京慈恵会医科大学附属病院
  • (新規指定※)国家公務員共済組合連合会虎の門病院
  • (新規指定※)東邦大学医療センター大森病院
  • (新規指定※)独立行政法人国立病院機構東京医療センター

2 東京都認定がん診療病院一覧(10か所)

  • 国際医療福祉大学三田病院
  • 東京都済生会中央病院
  • 北里大学北里研究所病院
  • 社会福祉法人三井記念病院
  • 東京都立墨東病院
  • JR東京総合病院
  • 東京厚生年金病院
  • 順天堂大学医学部附属練馬病院
  • 日本医科大学多摩永山病院
  • 独立行政法人国立病院機構災害医療センター

「10年後の東京」への実行プログラム2011事業
本件は、「10年後の東京」への実行プログラム2011において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標5 「安心できる少子高齢社会の都市モデルを創造する」
 施策16 「365日24時間安心できる医療システムの構築」

問い合わせ先
福祉保健局医療政策部医療政策課
 電話 03-5320-4389

〔参考〕

1 がん診療連携拠点病院の概要

(1) 指定

 高度ながん医療の提供等を行い、がん診療の連携協力体制の整備を図るほか、がん患者等に対する相談支援、情報提供等を行うため、厚生労働省が定めた整備指針に基づき、「都道府県がん診療連携拠点病院」を都道府県に概ね1か所、「地域がん診療連携拠点病院」を二次保健医療圏に1か所程度、都道府県の推薦に基づき国が指定します(平成20年3月1日付厚生労働省健康局長通知)。

(2) 要件

 厚生労働省が定める拠点病院の整備指針を満たしていることに加えて、都は、5大がん(肺がん、胃がん、肝がん、大腸がん、乳がん)のほかに複数のがん(子宮がん、血液腫瘍など)についての集学的治療の実施などの高い診療機能を有していることを要件として、国に推薦しています。

(3) 役割

  • 高度ながん医療や緩和ケアの提供やセカンドオピニオンの実施
  • 相談支援センターの設置、がん医療従事者に対する研修や院内がん登録の実施
  • 都道府県拠点病院は都道府県のがん診療の質の向上及びがん診療の連携協力体制の構築に関し中心的な役割を担い、また、地域拠点病院は二次保健医療圏における中心的な役割を担います。

2 東京都認定がん診療病院の概要

(1) 認定

 都民に広く高度ながん医療を提供するため、国が指定する地域拠点病院と同等の高度な診療機能を有する病院を「東京都認定がん診療病院」として、都独自に認定します(東京都認定がん診療病院設置要綱)。

(2) 要件

 厚生労働省が定める拠点病院の整備指針に加え、5大がん(肺がん、胃がん、肝がん、大腸がん、乳がん)のほかに複数のがん(子宮がん、血液腫瘍など)についての集学的治療などの高い診療機能を有していることを要件としています。

(3) 役割

  • 高度ながん医療や緩和ケアの提供やセカンドオピニオンの実施
  • 相談支援センターの設置、がん医療従事者に対する研修や院内がん登録の実施、地域における連携体制の構築などの拠点病院が実施する取組への協力

3 選考方法

 拠点病院及び認定病院の選考にあたっては、東京都が設置した「東京都がん診療連携拠点病院選考委員会」、「東京都認定がん診療病院選考委員会」(いずれも委員長:土屋了介 公益財団法人がん研究会理事、構成:学識経験者、関係団体代表及び患者代表等)における選考結果を踏まえ、推薦又は認定しています。

ページの先頭へ戻る