トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 3月 > 東京都によるきのこ原木(含ほだ木)の放射性物質検査

ここから本文です。

報道発表資料  2012年3月1日  産業労働局

東京都によるきのこ原木(ほだ木を含む)の放射性物質検査について

 福島第一原子力発電所の事故を受け、きのこ原木(ほだ木を含む)の検査を行いましたのでお知らせします。

1 検査内容及び結果

(1) 検査実施機関

 東京都農林総合研究センター

(2) 検査対象品目

  • 都内(別紙の9市町村)で伐採されたきのこ原木15検体
  • 他県(岩手県、栃木県、福島県)で伐採されたきのこ原木(ほだ木(※)を含む)5検体
    ※ほだ木(きのこ原木に植菌したもの)

(3) 検査結果(詳細は別紙)

 検査した結果、福島県産の2検体(平成23年3月搬入)については国が設定した当面の指標値を上回りました。

※別紙 きのこ原木(ほだ木を含む)の放射性物質検査結果

2 今後の対応

(1) 都からの要請と通知

 都は、当面の指標値を上回った上記1(3) 2検体のきのこ原木を所有しているあきる野市内の1生産者に対して、次の事項を要請しました。なお、当面の指標値を上回ったきのこ原木2検体からは、シイタケは生産されていないことを確認しました。

  1. 1生産者が所有するきのこ原木の使用の自粛
  2. あきる野市、東京都椎茸生産組合連合会に対し、1生産者への要請内容の通知

(2) 今後の対応について

 都は、今後とも関係機関と連携し、都内産農林水産物等の放射性物質検査を実施していきます。

3 きのこ原木等についての指導について

 「きのこ原木及び菌床用培地の当面の指標値の設定について」(平成23年10月6日付23生産第4743号・23林政経第213号農林水産省園芸作物課長・林野庁経営課長・木材産業課長通知)により、きのこ生産者は、きのこ原木を購入・譲受する場合には、販売業者・譲渡者に指標値を越えていないことを確認することとされています。

問い合わせ先
(きのこ原木の放射能検査に関すること)
産業労働局農林水産部
 電話 03-5320-4828

ページの先頭へ戻る