トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 3月 > 東京港におけるゲートオープン時間拡大社会実験を継続

ここから本文です。

報道発表資料  2012年3月1日  港湾局

東京港におけるゲートオープン時間拡大社会実験の継続について

 東京港は、国際競争力の強化に向け、利用者にとって使いやすい港づくりを進めています。
 この取組を一層推進し、荷主等の利便性を向上させるため、東京港においては独自の取組として、コンテナターミナルのゲートオープン時間を朝の時間帯に拡大する社会実験を平成23年12月5日(月曜)から平成24年2月29日(水曜)まで実施しました。
 この取組について、一定の利用ニーズが確認できたため、下記のとおり、これを継続します。

1 実施期間

 平成24年3月1日(木曜)から平成25年3月29日(金曜)まで(土曜、日曜、祝日を除きます。)(※1)

2 ゲートオープン拡大時間

 7時30分から8時30分まで(※2)

3 対象ふ頭

 大井コンテナふ頭、青海コンテナふ頭、品川コンテナふ頭、中央防波堤内側外貿雑貨ふ頭

(※1)実施するターミナルにより、開始日が異なります。
(※2)8時30分以降は、通常のゲートオープン時間となります。

問い合わせ先
港湾局港湾経営部振興課
 電話 03-5320-5547
東京港埠頭株式会社埠頭事業部業務課
 電話 03-3599-7368

ページの先頭へ戻る