トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 2月 > シニア世代のヒヤリ・ハット調査結果

ここから本文です。

報道発表資料  2012年2月27日  生活文化局

シニア世代のヒヤリ・ハット調査
~60歳以上の都民にヒヤリ・ハット体験を聞きました~

 日常生活で経験した「ヒヤリ・ハット」体験はどこへも情報提供されることなく多数埋もれていることから、都では、危害危険情報を積極的に掘り起こすため、ヒヤリ・ハット調査を実施しています。
 今回は、「シニア世代の身の回り」をテーマにヒヤリ・ハット体験を調査し、その結果と事故防止のポイントをまとめた都民向けパンフレットを作成しました。

1 調査結果

シニア世代の3人に2人がヒヤリ・ハットや危害を経験!

ヒヤリ・ハットや危害経験
(60歳以上3,000人)
グラフ
  • 66.3%の人が過去5年間に日常生活でヒヤリ・ハットや危害の経験があると回答
  • 約6,300件のヒヤリ・ハットや危害体験を収集

具体的には・・・

  • 寒いので家でもコートを着ていたら、ストーブの火がコートに燃え移った。
  • 腰痛があり、少し休もうとガスコンロのそばを離れたら火を消し忘れて鍋を焦がした。

長年愛用した製品で、さまざまなヒヤリ・ハットが!

こんな体験が!

  • 扇風機の回転が止まったので、羽根を動かそうとガードの中に指を入れたところ、羽根が急に回転し始め、指を切った。
  • ぐらついていたテーブルに手をついて立ち上がろうとして体重をかけたところ、テーブルが破損して転倒した。

2 今後の取組

イメージ

 パンフレット「シニア世代の身の回りの事故防止ガイド」を、都内の消費生活相談窓口、地域包括支援センター、老人福祉センター等へ配布し、都民への啓発に取り組む。また、事業者団体等へ調査結果を情報提供する。

※別添 ヒヤリ・ハットレポート番号5「シニア世代の身の回りの事故防止ガイド」(サイズ:A4判8ページ)(PDF形式:3.12MB)


問い合わせ先
生活文化局消費生活部生活安全課
 電話 03-5388-3082

〔参考〕

ヒヤリ・ハットとは

 ケガはしなかったが、ヒヤリとしたりハッとした事例

危害とは

 ケガをしたり、発火・発煙・引火など重大な事故につながるおそれのある事例

アンケート調査概要

シニア世代の身の回りの危険(基本調査)

  • 調査対象
    東京都に居住する60歳以上の男女3,000人
  • 調査期間
    平成22年12月27日~平成23年1月12日
  • 調査内容
    過去5年以内の身の回りのヒヤリ・ハットや危害体験を広く収集。

※別添 「シニア世代の身の回りの危険」報告書(PDF形式:458KB)

シニア世代に多い事故(詳細調査1))

  • 調査対象
    東京都に居住する20歳以上の男女3,000人
  • 調査期間
    平成23年8月5日~11日
  • 調査内容
    20~59歳(1,500人)と60歳以上(1,500人)の過去5年以内のヒヤリ・ハットや危害体験を比較し、60歳以上に多い事故を検証。

※別添 「シニア世代に多い事故」報告書(PDF形式:751KB)

長期間使用した製品によるシニア世代の危険(詳細調査2))

  • 調査対象
    東京都に居住する60歳以上の男女3,000人
  • 調査期間
    平成23年9月22日~29日
  • 調査内容
    シニア世代が遭遇することが多い長期間(10年以上)使用した製品による過去5年以内のヒヤリ・ハットや危害体験を詳細調査。

※別添 「長期間使用した製品によるシニア世代の危険」報告書(PDF形式:416KB)

これまでに発行したヒヤリ・ハットレポート

 番号1 「キッチンでの事故防止ガイド」 平成22年2月
 番号2 「幼児の身の回りの事故防止ガイド」 平成22年3月
 番号3 「乳幼児の誤飲事故防止ガイド」 平成22年10月
 番号4 「お風呂・トイレの危険事故防止ガイド」 平成23年5月

ページの先頭へ戻る