トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 2月 > 食の安全安心セミナー「地産地消のすすめ」を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2012年2月9日  産業労働局

三國シェフが語る東京の地産地消
食の安全安心セミナー
「地産地消のすすめ」開催!

 東京都では、食品事業者や消費者を対象として、情報提供や意見交換を通じて食について共に考え、東京の食の安全安心を進めるために、「食の安全安心セミナー」を開催します。
 今回は、「とうきょう特産食材使用店」(※注)のひとつである「オテル・ドゥ・ミクニ」のオーナーシェフ、三國清三氏をお招きして、ご自身の店舗での取り組みを中心に、東京の地産地消について熱い思いを語っていただきます。
 最近、よく耳にする「地産地消」という言葉。では、東京でどのような食材が生産されているのでしょうか?そして、どのような料理に使うことができるのでしょうか?
 本セミナーを通じて、東京の農林水産物について、より多くの皆様に知っていただき、消費していただくことで、新鮮でおいしい、安全安心な東京の食材を広めていきたいと思います。豊かな東京の食生活を目指して、東京の地産地消を盛り上げていきましょう!
 多くの皆様のお申し込みをお待ちしています。

開催概要

日時

 平成24年3月16日(金曜)15時00分~16時30分(開場14時30分)

会場

 新宿NSビル 3階 3J会議室(新宿区西新宿2-4-1)
※詳細は別紙チラシをご覧ください。

テーマ

 「地産地消のすすめ」

講師

 三國清三氏(「オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフ)

対象

 食品事業者、一般消費者、行政関係者

定員

 100人(先着順)

参加費

 無料

申込方法

 3月12日(月曜)までに、別紙チラシ裏面の申込書に必要事項を記載し、ファクスでお申し込みください。なお、期限前であっても、定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。

※「とうきょう特産食材使用店」とは
 都内産農林水産物を積極的に使用している飲食店を、東京都が登録し、PRすることで、都内産の農林水産物の理解を深め、消費・生産拡大につなげていくことを目的として、東京都が平成22年度から実施している「とうきょう特産食材使用店登録制度」の登録店舗。
 詳細は、農林水産部ホームページ参照。

※別紙 食の安全安心セミナー「地産地消のすすめ」チラシ(PDF形式:336KB)

問い合わせ先
産業労働局農林水産部食料安全課
 電話 03-5320-4883

ページの先頭へ戻る