トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 2月 > 旧古河庭園 春のバラフェスティバル

ここから本文です。

報道発表資料  2012年2月21日  建設局

旧古河庭園
春のバラフェスティバル

 旧古河庭園は春と秋に、約90種180株の華やかなバラが咲き誇る洋風庭園と重厚な洋館、そして叙情ある日本庭園を贅沢に味わうことが出来る都内でも希少な庭園です。
 今年で12年目を迎える「春のバラフェスティバル」で、優雅なひとときをお楽しみください。

写真   写真
春バラと洋館のライトアップ 日本庭園のライトアップ

1 日時

 平成24年5月11日(金曜)~6月10日(日曜)
 【ライトアップ】
 平成24年5月11日(金曜)~5月20日(日曜)
 9時~17時(最終入園は16時30分まで)
※ただし、ライトアップ期間中は、9時~21時(最終入園は20時30分まで)

2 内容

(1) 春バラと洋館のライトアップ

  • 日時
    5月11日(金曜)~20日(日曜) 日没~21時
  • 内容
    約90種180株のバラと洋館・日本庭園をライトアップします。
    ※17時以降については、園内が暗くなり、安全確保のため、立ち入りを制限させていただく区域があります。
  • 協力
    財団法人 大谷美術館

(2) 春バラの音楽会 ※雨天中止

  • 日時
    5月26日(土曜)・6月2日(土曜)・9日(土曜) 各日12時、15時(各回約30分)
  • 場所
    洋館横芝生広場
  • 内容
    個性豊かな音楽家の方々による音楽会を開催します。普段は入ることの出来ない芝生広場で、素敵な音楽に包まれた穏やかなひとときをお過ごしください。
  • 出演者
    • 5月26日(土曜)
      清水理恵氏(フルート奏者)、伊藤芳輝氏(ギター奏者)

      演奏家プロフィール:清水理恵氏
      桐朋学園大学卒業後渡米。ボストン大学大学院修士課程修了。帰国後「現代室内楽コンクール競楽2」第3位及びフォルテ・ミュージック賞受賞。フランス、アメリカ、中国の音楽祭や作曲家会議、大学に招かれ、新曲初演やコンサート、マスタークラスなどを行う。CD清水研作作品集「海」にて演奏。中国チチハル大学音楽学部客員教授。今年、フルート独奏リサイタル、~プラチナ・フルートへの誘い~「バッハ:チェロ組曲とあゆむ」全6回シリーズを企画開催予定。

      演奏家プロフィール:伊藤芳輝氏
      10才よりクラシックギターを始める。フラメンコ、ボサノバ、ジャズ、クラシックなどあらゆるジャンルの音楽のガットギターのスタイルを研究。2000年 平松加奈(ヴァイオリン)、吉見征樹(タブラ)と「スパニッシュ・コネクション」を結成。その他「フラメンコ・ストリングス」、参加ユニット「イマート」、ギターソロコンサート、様々なジャンルでのセッションなど、数多くのライヴを行っている。06年NHK土曜ドラマ「魂萌え!」の音楽を全編書き下ろしで担当。またNHK教育テレビ50周年記念人形活劇「新・三銃士」の音楽を全編担当。

    • 6月2日(土曜)
      Deux Marches(ドゥ マルシェ):牧千恵子(ヴァイオリン)、Miyack(アコーディオン)

      演奏家プロフィール:Deux Marches
      それぞれの音楽活動を続けてきたヴァイオリンの牧千恵子とアコーディオンMiyack(ミヤック)の2人が、世界中により多くの「出会い」を求めて結成したユニット。情熱のヴァイオリンと魅惑のアコーディオンという2つの楽器を駆使し、各地で“新鮮な音の市場”を展開している。時には踊り、時には歌い、時には涙しながら奏でるその姿は、人々の心を熱くする。
      2011年に長崎市より平和特派員に任命され、国内外はもとより東日本大震災被災地にも音楽を届けている。この春4月にはスペインのゲルニカで平和コンサートに出演。

    • 6月9日(土曜)
      吉澤延隆(のぶたか)氏(筝(そう)(琴)奏者)

      演奏家プロフィール:吉澤延隆氏
      東海大学在学中より福永千恵子氏に師事。以来「第75回新人演奏会」「アジアの伝統音楽に関する国際会議とシンポジュウム」(ソウル)など国内外で活躍。「賢順賞」「うつのみや市民賞」など受賞歴多数。2009年NHK「今かがやく若手たち」出演。現在KO・TO2・KAI、箏衛門などで活動する新進気鋭の筝演奏家。

(3) 庭園ガイド ※荒天中止

  • 日時
    期間中の土曜日・日曜日 各日11時、14時(各回約60分)
  • 集合
    サービスセンター前
  • 内容
    庭園ガイドボランティアが日本庭園を中心に園内をご案内します。
  • 参加費
    無料(入園料別途)

(4) ローズショップ ※荒天中止

  • 日時
    5月11日(金曜)~5月20日(日曜)10時~20時30分
    5月21日(月曜)~6月10日(日曜)10時~16時30分
  • 場所
    芝生広場アプローチ部分
  • 内容
    旧古河庭園オリジナル商品・軽飲食・バラの苗木等を販売いたします。
  • 協力
    NPO法人 西ヶ原ローズページェント

旧古河庭園について

 当園は、武蔵野台地の斜面と低地という地形を活かし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には洋風庭園、そして低地には日本庭園を配したのが特徴です。
 この庭園はもと明治の元勲・陸奥宗光の別邸でしたが、次男が古河財閥の養子になった時、古河家の所有となりました。
 ジョサイア・コンドル設計の洋館と洋風庭園、京都の庭師植治こと小川治兵衛が作庭した日本庭園が現存しています。
 数少ない大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在で、伝統的な手法と近代的な技術の融和により、和洋の見事な調和を実現している秀逸で代表的な事例であり、また、現存する近代の庭園の中でも、極めて良好に保存されている数少ない事例として重要であるとして、平成18年1月26日に国の名勝指定を受けました。

  • 開園時間
    9時~17時(最終入園は16時30分)
  • 休園日
    12月29日~1月1日
  • 住所
    北区西ヶ原1-27-39
  • 交通
    JR京浜東北線 上中里駅下車 徒歩7分
    東京メトロ 南北線 西ヶ原駅下車 徒歩7分
    JR山手線 駒込駅下車 徒歩12分
    北区コミュニティバス(王子・駒込ルート)20分間隔
    JR山手線駒込駅より5分・JR京浜東北線王子駅より20分 「旧古河庭園」下車
    ※駐車場はございません。
  • 入園料
    一般 150円 65歳以上 70円 ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
  • 問い合わせ先
    旧古河庭園サービスセンター 電話:03-3910-0394

【アクセス】

地図

【園内マップ】

案内図

問い合わせ先
(公財)東京都公園協会総務課
 電話 03-3232-3038
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る