トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 2月 > 東京都農林総合研究センター研究発表会

ここから本文です。

報道発表資料  2012年2月20日  産業労働局

東京都農林総合研究センター
研究発表会開催!

 東京都農林総合研究センターは、新品種の育成や病害虫の総合的防除、食の安全・安心を確保するための技術開発、地域資源を利用した食品開発など、生産者や都民の暮らしに役立つ試験研究に取り組んでいます。
 このたび、当センターで取り組んだ試験研究、調査等の成果について、発表会を開催いたします。農林業関係者の皆様はもとより、広く都民の皆様のご来場をお待ちしております。

日時

 平成24年3月7日(水曜)10時~16時

開催場所

 (公財)東京都農林水産振興財団東京都農林総合研究センター講堂
 立川市富士見町3-8-1 JR青梅線西立川駅下車徒歩7分

地図

申し込み

 事前申し込み不要(入場無料)
 詳細はホームページをご覧ください。

特別講演(14時00分~15時00分)

 『一次産業をかっこよくて感動があって稼げる3K産業に』
 NPO法人農家のこせがれネットワーク代表理事CEO宮治勇輔氏

主な発表課題

  • 地中の熱を使ってハウスの冷暖房ができます。
    ハウス内と地中の温度差を上手に利用するヒートポンプシステムを開発し、環境にやさしく、品質の良い花き生産を実現しました。(プログラム番号8)
  • テレビ画面を再利用した資材でリン酸を回収し、肥料として使用できます。
    資源の枯渇と高騰が問題になっているリン酸肥料を汚泥から回収し、農作物の栽培に有効活用します。(プログラム番号9)
  • 東京の銘柄豚「トウキョウX」の偽物を見分ける技術ができました。
    遺伝子解析を応用した偽物の判別技術を「トウキョウX」の精肉に適用できることを確認しました。(プログラム番号4)
  • 野菜のおすすめ品種を紹介します。
    収量性はもちろん、時期や販売形態などをふまえて選定した有望品種をご紹介します。(プログラム番号10)

※このほかに8課題の発表があります。プログラムは別紙をご覧下さい。

問い合わせ先
産業労働局農林水産部調整課
 電話 03-5320-4809
(公財)東京都農林水産振興財団東京都農林総合研究センター研究企画室
 電話 042-528-5216

ページの先頭へ戻る