トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 2月 > 食品製造施設向け食物アレルギー対策ガイドブック作成

ここから本文です。

報道発表資料  2012年2月29日  福祉保健局

食品製造施設でのアレルギー物質混入を防止!
食品製造施設向け食物アレルギー対策ガイドブックを作成しました

 東京都では、このたび、様々な食品の製造工程での意図しない食物アレルギー物質の混入防止対策を進めるために、食品製造施設向けに「食品の製造工程における食物アレルギー対策ガイドブック」を作成しました。
 より多くの食品関係事業者の方々にお使いいただけるよう、食品製造施設の中で取り組みやすい対策や改善結果の確認方法などを具体的にわかりやすくまとめましたので、是非ご活用ください。

ガイドブックの特徴

  • 食物アレルギー対策の基本から食品製造施設で事業者が自ら実施できるアレルゲン除去法までやさしく解説
  • 簡易検査法を活用したアレルゲン汚染ポイントの「見える化」によるアレルゲン管理方法を紹介
  • 食品関係事業者が消費者等からの問い合わせに適切な対応ができるよう解説
    ※アレルゲン:アレルギー物質

※詳細は、「食品の製造工程における食物アレルギー対策ガイドブック(概要版)」をご覧ください。

※別紙 食品の製造工程における食物アレルギー対策ガイドブック(PDF形式:7.02MB)
※参考 アレルゲン管理サイクルの考え方(PDF形式:360KB)

問い合わせ先
福祉保健局健康安全研究センター多摩支所広域監視課
 電話 042-529-8899

ページの先頭へ戻る