トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 2月 > 漁業調査指導船「みやこ」を一般公開

ここから本文です。

報道発表資料  2012年2月23日  産業労働局

東京都漁業調査指導船「みやこ」の一般公開をいたします

 伊豆諸島・小笠原諸島にいたる東京都の広大な海域で、資源調査、漁場開拓、漁場監視等の役割を担う漁業調査指導船 三代目「みやこ」が完成しました。
 新「みやこ」は、これまでの「みやこ」より航続距離、耐航性、調査観測機器の性能をアップさせ、より精度の高い調査を実施し、東京の海を守り育てていきます。(みやこの概要は別紙を参照)
 この最新鋭の漁業調査指導船「みやこ」の一般公開を、下記のとおり実施いたします。

写真
建造中の三代目「みやこ」

一般公開の概要

名称

 東京都漁業調査指導船「みやこ」一般公開

日時

 平成24年3月8日(木曜) 12時00分から15時00分まで
 平成24年3月9日(金曜) 10時00分から14時00分まで

会場

 青海客船ターミナル(東京都江東区青海2丁目58番地先)

対象

 都民の方、ご興味のある方

入場料金

 無料

申込方法

 事前予約は不要です。当日、現地にて受付を行います。

注意事項

  • 係員の指示に従い見学してください。
  • 船内は狭くなっております、十分ご注意下さい。
  • 船内は滑りやすいため、滑りにくい靴をお履きください。
  • 船内の混雑状況により、お待ちいただくことがございます。
  • 青海客船ターミナルに駐車場はございません。なるべく公共交通機関をご利用ください。

地図

 ゆりかもめ「船の科学館」駅下車徒歩3分

地図

問い合わせ先
東京都島しょ農林水産総合センター振興企画室
 電話 03-3433-3253

〔別紙〕

「みやこ」の概要

新旧「みやこ」の性能比較

写真

  新「みやこ」 現「みやこ」
総トン数 189トン 136トン
最大速力 14ノット(時速26キロメートル) 12ノット(時速22キロメートル)
航続距離 5,000マイル(9,260キロメートル) 3,000マイル(5,560キロメートル)
馬力 約2,000ps 約1,200ps
全長 43メートル 39メートル
全幅 7.4メートル 6.6メートル
乗船定員 24名(内船員16名) 22名(内船員16名)
建造 新潟造船株式会社 株式会社三保造船所
定繋港 大島(波浮港) 大島(波浮港)

地図
「みやこ」調査範囲 ※EEZ:排他的経済水域

主要装備

科学計量魚群探知機 (性能向上)

 現「みやこ」では2種類の音波でしたが、新「みやこ」では3種類の音波により魚群を認識し、魚の資源量推定の精度が向上します。

イメージ
科学計量魚群探知機による画像

マルチビーム海底探査装置 (新規搭載)

 複数の音波により海底地形を調査し、3D画像で表示します。また、海底の魚礁や浮き魚礁(パヤオ)などの状態も把握できます。

マルチビーム海底探査装置による海底地形図

多段階開閉式ネット (新規搭載)

 船上からの操作により、任意の水深でネットを開閉し、キンメダイの卵や稚魚などを採取します。これにより、水深別分布状況を把握し、繁殖生態の解明に役立てます。
 また、各種センサーを装備し、水深別の海洋情報を取得します。

ページの先頭へ戻る