トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 2月 > 水銀の使用量削減や廃棄管理徹底 都は先導的に取組

ここから本文です。

報道発表資料  2012年2月23日  環境局

水銀の使用量削減や廃棄管理の徹底に都は先導して取り組みます

 現在、水銀によるリスク削減のための条約を平成25年に制定することを目指して、各国間で議論が進められています。
 この動きを受け、都は昨年5月に学識経験者、製造事業者、廃棄物処理業者及び区市町村で構成する「水銀の処理等に関する検討会」を設置し、地球的規模の観点から水銀の環境への排出を防止するための取組について検討を重ね、このたび、とりまとめを行いました。
 とりまとめの概要は別紙1のとおりです。また、別紙2、3のとおり、本日、環境省及び文部科学省に対して要望を行いましたので、お知らせします。
 今後都では、関係者と連携して先導的に取り組んでいきます。

1 取組の方向

  1. 水銀使用製品の製造抑制・水銀使用量の削減
  2. 代替品への使用転換
  3. 水銀使用製品の廃棄管理・回収の徹底
  4. 水銀使用製品の回収後の適正処分

2 水銀使用製品と具体的な取組

(1) 水銀体温計、水銀血圧計

  • 都は、看護学校で電子式血圧計等への転換等を働きかけ
  • 都は国に対して、健康診断で水銀血圧計の使用に限定している学校保健安全法施行規則の改正を要望
  • 都は関係者と連携して、廃棄する場合は、水銀を回収できる業者での処理を徹底

(2) 蛍光ランプ・HIDランプ

  • 都は、「東京都グリーン購入ガイド」で、蛍光ランプの水銀封入量の低減、直管形ランプの仕様にLEDランプの追加を検討
  • 都埋立処分場での埋立不適物化を検討
  • 都は関係者と連携して、事業所から廃棄される蛍光ランプは、水銀を回収できる業者での処理を徹底

(3) ボタン電池

  • 電池工業会は、水銀フリー化(無水銀化)率を向上
  • 都と電池工業会で、水銀使用ボタン電池の輸入及び販売の抑制策を検討
  • 電池工業会は、回収処理協力店を拡大

※別紙1 水銀の処理等に関する取組
※別紙2 水銀の処理等に関する対策について(環境大臣 細野豪志殿)
※別紙3 水銀の処理等に関する対策について(文部科学大臣 平野博文殿)
※別添 水銀の処理等に関する検討会とりまとめ(PDF形式:50KB)

問い合わせ先
環境局廃棄物対策部資源循環推進課
 電話 03-5388-3577

ページの先頭へ戻る