トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 2月 > 「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」助成先団体決定

ここから本文です。

報道発表資料  2012年2月22日  都市整備局

「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」
新規助成先団体の決定について

 東京都とセブン-イレブン記念財団(別紙3)は、緑の保全活動を行う市民団体を支援する「東京の緑を守ろうプロジェクト」(別紙1)に取り組んでいます。
 この一環である「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」(別紙2)について、新たに平成24年度から助成を行う団体を選定しましたのでお知らせします。

助成先団体 計19団体

3年間助成(平成24~26年度) 8団体

団体名(※) 申請活動名
エンジョイ・ハーブの会 公園でハーブの花壇作り及びハーブ教室の開催
東小おやじの会 カブトムシプロジェクト
NPO法人 東京樹木医プロジェクト さくらを守る市民活動の推進
目黒サンクチュアリーズ 目黒区地域在来の絶滅危惧種・希少種のサンクチュアリ(聖域)造り
丸池の里わくわく村 丸池たんぼの稲作
多摩グリーンボランティア森木会 亀ヶ谷緑地・多摩中央公園・よこやまの道 グリーンボランティアプロジェクト
くにたち桜守 くにたちの桜並木は東京で一番見事です!!
NPO法人 すぎなみ環境ネットワーク 都内の緑を増やし、都民が緑や自然に親しむきっかけをつくる活動
(※助成申請書の到着順)

単年度助成(平成24年度) 11団体

団体名(※) 申請活動名
東村山植生研究会 野火止用水の保全に係る毎木調査
ボランティア 100本の木 保存樹木を孫たちの財産にのこそう
横沢入里山管理市民協議会 トウキョウダルマガエル生息地の復元
浅間山自然保護会 都立浅間山公園の自然環境の保全と山野草の保護育成
多摩境緑地保存会 今ある緑地を守る市民活動
SAN/せたがや地域共生ネットワーク 宮坂・経堂・赤堤 『夏みかんひろばでこんにちは!』-地域にひらく庭の活用-
凸凹森の会 布田崖線緑地の保全活動
玉川上水・すぎなみの会 観察会・植生調査・展示会を通じた玉川上水の普及活動
NPO法人 エコ生活ひろめ隊 まちの緑を増やす活動や緑とのふれあいを促進する市民活動
日野市環境基本計画推進会議 みどりグループ みどり・生き物マップづくり及び緑地の植生調査
NPO法人 めぐみ 日野市百草山及び日野市矢の山公園等 緑地保全
(※助成申請書の到着順)

助成総額

 約290万円(平成24年度分)

「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」の概要

 この事業は、市民団体が、東京に残る樹林地等の維持保全活動や、緑の少ない市街地において緑を増やす活動、都民が緑や自然に親しむきっかけをつくる活動等の緑を守り育てる活動を行う際に、その活動費用を助成するものです。
 次回(平成25年度公募)については、8月頃に応募要項を発表する予定です。

※別紙1 東京の緑を守ろうプロジェクトについて
※別紙2 「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」について
※別紙3 「セブン-イレブン記念財団」について

「2020年の東京」への実行プログラム2012事業
本件は、「2020年の東京」への実行プログラム2012において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標3 水と緑の回廊で包まれた、美しいまち東京を復活させる
 施策7 緑のネットワークをつなげ、自然豊かな東京を次世代へ継承する

問い合わせ先
(「東京の緑を守ろうプロジェクト」について)
都市整備局都市づくり政策部緑地景観課
 電話 03-5388-3315
(セブン-イレブン記念財団及び「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」の詳細について)
セブン-イレブン記念財団
 電話 03-6238-3872

ページの先頭へ戻る