トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 2月 > 九都県市合同商談会inパシフィコ横浜の実施結果

ここから本文です。

報道発表資料  2012年2月2日  産業労働局

「九都県市合同商談会inパシフィコ横浜」の実施結果について

 九都県市では、首都圏全体における産業競争力の強化を図るため、九都県市連携による合同商談会を実施しました。この合同商談会は全国でも最大級の商談会であり、平成20年度から実施して今回で4回目となります。
 今回は、九都県市域内で取引・情報収集を希望する発注側企業が全国(1都1府11県)から100社、受注を希望する中小企業が九都県市域内から209社参加し、対面形式により1,046回の商談が行われました。
 会場では、具体的な発注案件を携えた発注側企業に対して、技術力のある中小企業から活発な提案が行われ、活気ある商談会となりました。

写真   写真
[当日の商談の様子] [開会式の様子]

開催日

 平成24年2月1日(水曜日)

会場

 パシフィコ横浜 アネックスホール2階

参加者数

 309社
 発注側企業100社(全国(1都1府11県)から)
 受注側企業209社(九都県市域内から)

商談回数

 1,046回

商談形式

 発注側企業のブースに、受注側企業が訪問し対面式で商談を行う。
 (発注側企業は1回14分の商談を20回行う)

特徴

  1. 九都県市連携によるスケールメリットを活かした大規模な商談会
  2. 中小企業の技術を売り込むことによる広域的な取引や新たなビジネスチャンスの創出
  3. 日本を代表するものづくり企業が全国から発注側に参加

主催

 九都県市合同商談会実行委員会
 埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市及び関係都県市の中小企業支援機関
 【実行委員会事務局】神奈川県商工労働局産業部産業技術課内

協力

 社団法人横浜市工業会連合会

後援

 経済産業省関東経済産業局
 独立行政法人中小企業基盤整備機構関東支部
 財団法人 全国中小企業取引振興協会

(参考)第3回九都県市合同商談会の開催実績について

  • 開催日
    平成23年1月18日(火曜)
  • 会場
    幕張メッセ国際会議場 コンベンションホール
  • 参加者数
    281社
    発注側企業78社(全国(1都1府15県)から)
    受注側企業203社(九都県市域内から)
  • 商談回数
    995回

本件は、「10年後の東京」への実行プログラム2011において重点的に実施している事業です。
 目標6 都市の魅力や産業力で東京のプレゼンスを確立する
 施策21 首都東京の発展を支える産業力の強化

問い合わせ先
産業労働局商工部経営支援課
 電話 03-5320-4784
公益財団法人東京都中小企業振興公社取引振興課
 電話 03-3251-7883

ページの先頭へ戻る