トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 2月 > 不適正表示の食肉販売事業者に対しJAS法に基づく指示

ここから本文です。

報道発表資料  2012年2月1日  福祉保健局

豚肉の原産地を不適正表示して販売した事業者に対する
JAS法に基づく指示について

 都は、消費者庁からの情報(農林水産省経由)に基づき、食肉販売事業者に対して調査を行いました。
 その結果、農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)に違反する行為を確認しましたので、本日、同法第19条の14第1項の規定に基づき、以下のように指示を行いました。

1 違反事業者、違反内容及び適用条項

違反事業者 株式会社○○○
代表取締役○○○
東京都台東区○○○
屋号:○○○
東京都台東区○○○
違反内容 株式会社○○○が経営する「○○○」は、平成23年11月25日に、店舗に搬入した外国産の豚肉207.5キログラムについて、その大半を「国産」と表示して陳列し、一般消費者向けに販売した。
外国産を国産と表示した豚肉の内訳:豚切落し等(豚うで)159.8キログラム、豚バラ19.1キログラム、豚ロース8.8キログラム、豚肩ロース19.8キログラム
適用条項 生鮮食品品質表示基準第4条第1項第2号及び第6条第2号

※スライス時に生ずる廃棄分等を除いた全てを、「国産」と表示して販売。

2 指示内容

(1) 株式会社○○○が現在所有している在庫品を含め、株式会社○○○が販売している全ての食品について、直ちに表示の点検を行い、不適正な表示の商品については、速やかにJAS法第19条の13第1項の規定により定められた品質表示基準に従って適正な表示に是正した上で販売すること。
(2) 株式会社○○○が販売した商品の一部について、品質表示基準で定められた表示禁止事項及び遵守事項が遵守されていなかった主たる原因として、株式会社○○○における食品表示に関する認識が著しく欠如していたこと及び品質表示内容の確認とその管理体制に不備があると考えざるを得ないことから、これらについての原因の究明・分析を徹底すること。
(3) (2)の結果を踏まえ、株式会社○○○における品質表示に関する責任の所在を明確にするとともに、社内における品質表示のチェック体制の強化及びコンプライアンスの徹底等の再発防止対策を実施すること。
(4) 株式会社○○○の全役員及び従業員に対して、品質表示制度についての教育を行い、その遵守を徹底すること。
(5) (1) から(4) までに基づき講じた措置について、平成24年2月29日までに東京都知事宛、書面で報告すること。

3 今後の対応

 引き続き都内の事業者への指導を徹底していきます。

※参考資料 適用条文抜粋(PDF形式:140KB)

問い合わせ先
福祉保健局健康安全部食品監視課
 電話 03-5320-4408

ページの先頭へ戻る