トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 1月 > インターネット福祉保健モニター結果 自殺の意識調査

ここから本文です。

報道発表資料  2012年1月31日  福祉保健局

「自殺に関する意識調査」についてアンケートを実施
インターネット福祉保健モニター アンケート結果

 平成10年以降、全国の年間自殺者数は3万人を超えており、都内においても毎年2,500名以上の方が自ら命を絶つという深刻な状況が続いています。東京都では、一人ひとりのかけがえのない命を大切にし、生きやすい社会をつくるため、自殺者を一人でも多く減らすことを目標とした取組みを進めています。
 このたび、今後の自殺対策への参考とするため、インターネット福祉保健モニターに登録している方を対象に都民の自殺に対する意識についてアンケート調査を実施しましたので、その結果をお知らせいたします。

アンケート結果のポイント

悩みやストレスに関することを相談できる相手は「同居の親族(家族)」と「友人」

  • 不満や悩みやつらい気持ちを受け止め、耳を傾けてくれる人はいるか聞いたところ、「同居の親族(家族)」と「友人」と答えた人はそれぞれ56.1%であった。(Q7)

悩み・ストレスなどの原因は「家庭問題」「勤務問題」「健康問題」がそれぞれ4割以上

  • この1か月間に、日常生活で悩み・ストレスなどがある(「大いにある」又は「多少ある」に回答)と答えた人に、その原因について複数回答で聞いたところ、「家庭問題(家族関係の不和、子育て、家族の介護・看病 等)」が48.5%、「勤務問題(転勤、仕事の不振、職場の人間関係、長時間労働 等)」が47.9%、「健康問題(自分の病気の悩み、身体の悩み 等)」が44.9%であった。(Q10)

最近1年以内に自殺をしたいと思ったことが「ある」人は約3割

  • 最近1年以内に自殺したいと思ったことがあるか任意回答で聞いたところ、「自殺したいと思ったことがある」と答えた人は30.8%であった。(Q16)

自殺を考えたときに「だれにも相談したことがない」人は約7割

  • 最近1年以内に「自殺したいと思ったことがある」と答えた方に、だれに相談をしたか聞いたところ、「だれにも相談したことがない」と答えた人は73.1%であった。(Q17)

「自殺は防ぐことができる」と考える人は8割以上

  • 自殺は防ぐことができると思うか聞いたところ、「自殺は防ぐことができる」と答えた人は83.7%であった。(Q19)

※別添 アンケート結果(PDF形式:77KB)

問い合わせ先
福祉保健局総務部総務課
 電話 03-5320-4032

〔資料〕

今回のアンケート概要

  • テーマ
    「自殺に関する意識調査」について
  • 期間
    平成23年12月16日(金曜日)正午から平成23年12月28日(水曜日)正午まで
  • 方法
    インターネット(モニターがアンケート専用サイトから回答を入力する)
  • モニター数
    290名
  • 有効回答数
    221名
  • 回答率
    76.2%

今回のアンケート回答者属性

カテゴリー名 回答者
全体 221 100.0
性別 男性 118 53.4
女性 103 46.6
年代別 20代 5 2.3
30代 26 11.8
40代 45 20.4
50代 38 17.2
60代 57 25.8
70歳以上 50 22.6
職業別 会社員 43 19.5
団体職員(NPO含む) 16 7.2
自営業 17 7.7
福祉サービス提供事業経営者 6 2.7
福祉サービス提供事業従事者 35 15.8
教職員 2 0.9
学生 1 0.5
主婦 40 18.1
無職 30 13.6
その他 31 14.0

ページの先頭へ戻る