トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 1月 > コンテンツ産業向け知的財産フォーラムを開催

ここから本文です。

報道発表資料  2012年1月12日  産業労働局

コンテンツ産業向け知的財産フォーラム
~サンライズのコンテンツ活用戦略~
開催のお知らせ

 東京に集積するマンガ・アニメ・ゲームなどわが国のコンテンツ産業は世界屈指の市場規模を誇るとともに、創造性豊かな作品群で国内外のファンを広く獲得し、今や「クールジャパン」として国内産業の中でも世界をリードするなど高い成長性を有しています。
 同産業は、海賊版、違法配信や違法ダウンロードなどの脅威に直面する一方、情報技術の革新やメディアの多様化の動きを機敏に捉え、グローバル市場で飛躍する事例も多く見られます。
 そこで、東京都及び(公財)東京都中小企業振興公社では、知的財産としてのコンテンツを守るとともに、上手に活用してビジネスを拡大するノウハウを学んでいただくため、コンテンツ産業に関わる中小企業の方を対象としたフォーラムを初めて開催します。

開催概要

開催日時

 平成24年3月1日(木曜日) 19時00分~21時30分(受付18時20分より)

会場

 なかのZERO 西館 小ホール(中野区中野2-9-7) ※下記「会場案内」参照

対象

 コンテンツ関連事業に従事する都内中小企業の方 (受講料:無料)

定員

 500名(先着順。定員に達ししだい締切)

後援

 中野区、杉並区、練馬区(予定を含む)

申込方法

 以下のいずれかの方法によりお申込ください。

  1. 東京都知的財産総合センターホームページ
  2. 本フォーラムのチラシ裏面の書式によるファクス(03-3832-3659)

プログラム ※下記に講師・パネリスト略歴を掲載

第1部 基調講演(19時00分~20時00分)

イメージ

 「メディアの変革とコンテンツの活用 ~機動戦士ガンダムからTIGER & BUNNYまで~」

  • 講師
    宮河恭夫(みやかわやすお)氏((株)サンライズ 専務取締役)

第2部 パネルトーク(20時10分~21時30分)

  • パネリスト
    宮河恭夫氏(同上)
    今泉裕美子(いまいずみゆみこ)氏(東京コンテンツインキュベーションセンター ビジネスコーディネーター)
    田島 英行(たじまひでゆき)(東京都知的財産総合センター 知財戦略アドバイザー)

※パネルトークの最後に事前に受け付けた質問に回答します。質問はホームページの参加申込フォームに記入してください。

特徴

イメージ
  1. 30年以上にわたり根強い人気を誇る「機動戦士ガンダム」をはじめ、数々の人気アニメを製作し、グローバルに事業を展開する(株)サンライズの役員がコンテンツビジネスの最前線を解説します。
  2. 東京都の専門的支援機関である東京コンテンツインキュベーションセンターと東京都知的財産総合センターが企画段階から密接に連携し、幅広く展開される議論を専門的かつ分かりやすくサポートします。

講師・パネリスト紹介

宮河恭夫(みやかわやすお)
株式会社サンライズ専務取締役

写真

 1981(昭和56)年に(株)バンダイ入社。機動戦士ガンダムのプラモデルの営業からスタートし、女児玩具部で美少女戦士セーラームーン、ビデオゲーム事業部でゲームソフトのプロデュース等を担当。1999(平成11)年よりサンライズへ異動し、2011(平成23)年より現職。ガンダムシードシリーズ・ガンダムダブルオー・ガンダムユニコーン エグゼクティブプロデューサー


今泉裕美子(いまいずみゆみこ)
東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC)ビジネスコーディネーター
マーザ・アニメーションプラネット株式会社 ビジネスデベロップメント マネージャー

写真

 総合広告代理店勤務の後、アシスタントプロデューサーとして映画・映像の製作に関与。その他、映画製作と配給を学ぶ社会人向けスクールや映像関係の新規事業立ち上げ、映画祭運営、洋画配給などに従事した後、コンテンツファンドのスキーム策定や案件開拓活動を行う。2008(平成20)年7月より東京コンテンツインキュベーションセンターのインキュベーションマネージャーとしてコンテンツ起業家を支援。2011(平成23)年10月より同センタービジネスコーディネーターを務める傍ら、マーザ・アニメーションプラネット(株)の業務に従事。


田島英行(たじまひでゆき)
東京都知的財産総合センター 知財戦略アドバイザー

写真

 1970(昭和45年)凸版印刷(株)入社後、ビデオ制作、マーケティング、CS放送プロジェクトや契約等の業務に従事。2003(平成15)年4月より(財)デジタルコンテンツ協会へ出向し、コンテンツアーカイブや伝統工芸における匠の技の記録・保存を担当。2006(平成18)年4月より現職となり、中小企業からの主に著作権に関する相談に対する助言・指導を実施。


会場案内

案内図

 なかのZERO 西館 小ホール(中野区中野2-9-7)

<交通手段>

  • JR・東京メトロ東西線 中野駅南口より 徒歩8分

※来場者用駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。


施設紹介

1 東京都知的財産総合センター

写真

 都内中小企業の知的財産の創造・保護・活用を促進するため、東京都が設立し、(公財)東京都中小企業振興公社が運営する機関です。
 専門家(企業知財部OB、弁理士、弁護士)が、中小企業からの知的財産に関する相談全般に無料で対応するほか、外国出願費用に対する助成や、知的財産に関する各種セミナーを実施しています。

  • 所在地
    台東区台東1-3-5反町商事ビル1階
  • お問い合わせ
    03-3832-3656

2 東京コンテンツインキュベーションセンター(TCIC)

写真

 コンテンツ分野での起業支援、ハンズオン支援を通じ、同産業の集積・情報発信地となることを目的に、東京都がコンテンツ関連産業に特化して開設した創業支援施設です。創業期の企業等に廉価で快適なオフィスを提供するとともに、インキュベーションマネージャーやコンシェルジュなどの常駐スタッフが入居者に対するワンストップの経営支援等を行います。

  • 所在地
    中野区弥生町2-41-17
  • お問い合わせ
    03-3383-4616

問い合わせ先
産業労働局商工部創業支援課
 電話 03-5320-4749
(公財)東京都中小企業振興公社(東京都知的財産総合センター)
 電話 03-3832-3656

ページの先頭へ戻る