ここから本文です。

報道発表資料  2012年1月17日  建設局

殿ヶ谷戸庭園 早春の催し

1.「殿ヶ谷戸庭園 早春の盆栽展」

 殿ヶ谷戸庭園では「早春の盆栽展」と題し、花木盆栽を中心に盆栽の展示と即売会を開催します。春の訪れを感じる2月の終わりに、早春の庭園と丹精して育てた盆栽をお楽しみください。

(1) 日時

 平成24年2月24日(金曜)~2月27日(月曜)
 10時~16時

(2) 場所

 蔵2階

(3) 内容

写真
【昨年の展示作品(シンパク)】
  1. 花木盆栽を中心にした盆栽の展示(約35点)
  2. 盆栽の即売会

(4) 費用

 無料(入園料別途)

(5) 協賛

 (社)日本盆栽協会小平支部

写真   写真
【昨年の盆栽の即売会】 【昨年の展示風景】

2.「早春の殿ヶ谷戸とカタクリを楽しむ」

 殿ヶ谷戸庭園では、春を告げる可憐なカタクリの花が、春先に紅紫色の花を一斉に咲かせます。カタクリは、近年では乱獲や盗掘、土地開発などによる生育地の減少によって、都内では観る機会が少なくなっている貴重な植物です。
 同園ではこの珍しいカタクリの見頃に合わせ、「早春の殿ヶ谷戸とカタクリを楽しむ」を開催します。ぜひ、皆様お誘い合わせの上、ご来園ください。

(1) 日時

 平成24年3月10日(土曜)~3月25日(日曜)
 9時~17時(最終入園は16時30分まで)

(2) 内容

  1. カタクリ演奏会 ※荒天中止
    日時:3月17日(土曜)
    1回目 10時30分
    2回目 13時30分
    (各回約40分)
    場所:紅葉亭
    内容:国立音楽大学の学生による弦楽四重奏です。
    費用:無料(入園料別途)
  2. 竹細工づくり ※材料がなくなり次第終了
    日時:3月24日(土曜)
    13時~15時30分
    場所:蔵の前 ※雨天時は蔵2階
    内容:庭園職員による解説つきで竹細工づくりの体験ができます。
    参加費:50円(入園料別途)
  3. カタクリを詠む
    日時:期間中毎日 ※当日自由参加
    場所:展示室
    内容:「カタクリ」にちなんだ俳句を募集します。ご応募いただいた俳句は期間中展示室にて展示します。
    参加費:無料(入園料別途)
写真   写真
【カタクリ演奏会(過去の様子)】 【竹細工づくり(過去の様子)】

殿ヶ谷戸庭園について

 武蔵野の自然の地形、すなわち段丘の崖にできた谷を巧みに利用した「回遊式林泉庭園」。崖の上の明るい芝生地と崖下の湧水池、樹林で雰囲気が一変する造園手法がみどころのひとつです。
 大正2年~4年に江口定條(さだえ)(後の満鉄副総裁)の別荘として整備され、昭和4年には三菱財閥の岩崎家の別邸となりました。昭和40年代の開発計画に対し本庭園を守る住民運動が発端となり、昭和49年に都が買収し、整備後、都立庭園として開園しました。
 なお、庭園の名称は、昔この地が大字国分寺村殿ヶ谷戸という地名であったことに由来します。
 平成23年9月21日、国指定文化財(名勝)となりました。

【開園時間】9時~17時(最終入園は16時30分)
【休園日】12月29日~1月1日
【住所】国分寺市南町2-16
【交通】JR中央線・西武国分寺線・西武多摩湖線 国分寺駅下車 南口から徒歩2分
※駐車場はございません。
【入園料】一般 150円 65歳以上 70円 ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
【問い合わせ先】殿ヶ谷戸庭園サービスセンター 電話:042-324-7991

【アクセス】

地図

【園内マップ】

案内図

問い合わせ先
(公財)東京都公園協会総務課
 電話 03-3232-3038
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る