トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 1月 > 都独自の日本史科目「江戸から東京へ」教科書の改訂

ここから本文です。

報道発表資料  2012年1月26日  教育庁

東京都独自の日本史科目「江戸から東京へ」教科書の改訂について

 東京都教育委員会では、日本人としての自覚を高めるため、高校生に日本史を継続して学ばせることが重要であるという考え方に基づき、平成24年度から全ての都立高校生に日本史を必修化することとしています。
 このため、平成22年度には東京都独自の日本史科目で使用する教科書(平成23年度版)を作成し、都ホームページで公開して広く都民から意見を聴取してきました。また、平成23年4月には全都立高校生へ配布して全ての都立高等学校等で活用を図るとともに、9月には教員・生徒・保護者を対象とした教科書に関するアンケートを実施しました。
 これらの意見を踏まえて、教科書内容について精査・点検して改訂を行ない、平成24年度に都立高等学校等に入学する全ての生徒に配布することとしましたのでお知らせします。

※別紙 教科書『江戸から東京へ』の改訂について(PDF形式:68KB)
「江戸から東京へ」テキスト(教科書)について(教育庁ホームページ)

本件は、「10年後の東京」への実行プログラム2011において、以下の目標・施策に位置付け、重点的に実施している事業です。
 目標7 「意欲ある誰もがチャレンジできる社会を創出する」
 施策22 「子供の学力と社会性を育み、次代を担う若者を輩出」

問い合わせ先
教育庁指導部高等学校教育指導課
 電話 03-5320-6845

ページの先頭へ戻る