トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 1月 > 地下通路への帰宅困難者の受け入れを検証する社会実験

ここから本文です。

報道発表資料  2012年1月16日  建設局

地下通路への帰宅困難者の受け入れを検証する社会実験を行います

 近い将来に予想される東京直下地震においてJR東京駅を中心とする丸の内地区及びその周辺地区に滞留する帰宅困難者を地下通路に受け入れることの有効性と、都道行幸通りの地下の通路空間を使用することにかかる諸問題への対処について検証することを目的として、社会実験を実施します。

実験期間

 第1次実験:平成24年1月27日(金曜)~平成24年1月28日(土曜)
 第2次実験:平成24年2月17日(金曜)~平成24年2月18日(土曜)

実験場所

 都道行幸通り地下通路(別紙位置図参照)

実験内容

 道路管理者、交通管理者、施設所有・管理者及び行政等との連携により、以下のメニューを実施する(別紙詳細内容参照)

  • 地下通路での「帰宅困難者サポート実験エリア」を確保し、サポートサービスを提供(数十名の被験者が宿泊)
  • ヒアリング及びアンケート調査の実施
  • 地元千代田区の地域防災計画への反映

実験実施主体

 東京駅周辺安全安心推進協議会
(代表 高橋洋二 日本大学総合科学研究所 教授)
※東京国道事務所は協議会委員として参加

※別紙 地下通路への帰宅困難者の受け入れを検証する社会実験の概要

問い合わせ先
(実験内容について)
東京駅周辺安全安心推進協議会
 電話 03-5956-7501
(東京駅周辺における防災対策について)
一般社団法人東京駅周辺安全安心隣組
 電話 03-5218-0880
国土交通省関東地方整備局東京国道事務所調査課
 電話 03-3512-9090
建設局道路管理部監察指導課
 電話 03-5320-5287
第一建設事務所管理課
 電話 03-3542-1471
(千代田区の防災計画について)
千代田区環境安全部防災課
 電話 03-5211-4187

ページの先頭へ戻る