トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成24(2012)年 > 1月 > 宮城県、岩手県、福島県でアートプログラムを開催

ここから本文です。

報道発表資料  2012年1月12日  生活文化局

宮城県、岩手県、福島県でアートプログラムを展開

 東京都は、芸術文化を活用して地域コミュニティの交流の場を作り、被災地の復興を支援する事業を宮城県、岩手県、福島県の3県で展開しています。
この度、宮城県で、新たに4つのプログラムの実施が決まりましたのでお知らせします。

1 震災ケア・アートサロン

(1) 日時

 平成24年1月から3月まで

(2) 場所

 仙台市内児童館、石巻市保育所ほか

(3) 内容

 組み木作家の小黒三郎氏や絵本作家の飯野和好氏等を講師に、木のおもちゃや絵本などを作りながら、震災体験・子育ての悩みを語り合うサロンを開催します。子育て中の親だけでなく、保育士など子供をケアしている人も対象にします。

2 北澤潤「マイタウンマーケットキャラバン」

(1) 日時

 平成24年1月28日(土曜)、3月

(2) 場所

 仮設住宅地区

(3) 内容

 キャラバン隊が、喫茶店や商店街など町をイメージした「マイタウンマーケット」のデモンストレーションを仮設住宅の中で行い、住民同士が交流する場や、復興後の町づくりに関心を持ってもらうきっかけを提供します。

3 子供と復興商店街ワークショップ

(1) 日時

 平成24年2月5日(日曜)

(2) 場所

 気仙沼市気仙沼復興商店街 「子ども集会所 みなみまちcadocco(かどっこ)

(3) 内容

 復旧作業が進む気仙沼沿岸部の復興商店街を舞台に、現地のアーティスト等が、子供を元気づけるとともに商店街の再生を図るワークショップや、トークセッションを展開します。

4 山元町伝統工芸職人支援事業

(1) 日時

 平成24年2月11日(土曜・祝日)

(2) 場所

 山元町中央公民館

(3) 内容

 山元町の復興を支援するため、同町の伝統工芸である裂き織りの職人とアーティストによる相互交流のワークショップや、トークセッションを実施します。

※本事業は、上記4事業と合わせ、全部で19事業を実施しています。これまで実施してきたプログラム、今後実施予定のプログラムについては、「別紙」をご覧ください。

※本事業は、東京都が公益財団法人東京都歴史文化財団と共催で実施しています。

問い合わせ先
生活文化局文化振興部文化事業課
 電話 03-5320-7703
公益財団法人東京都歴史文化財団東京文化発信プロジェクト室
 電話 03-5638-8800

ページの先頭へ戻る