ごあいさつ・
プロフィール
施政方針 記者会見 知事の動き 知事と語る
東京フォーラム
海外出張・交際費

ここから本文です。

平成29(2017)年9月25日更新

小池知事「知事の部屋」/記者会見(平成29年9月25日)

知事記者会見
2017年9月25日(月曜)
14時00分~14時5分

知事冒頭発言

パンダの赤ちゃんの名前の決定について

【知事】はい。本日、皆様方にお集まりいただきましたのは他でもございません。上野の赤ちゃんパンダの名前が決まりました。皆様にお知らせをいたそうということで、お集まりいただいたところでございます。
6月12日(月曜)に生まれました上野動物園のパンダの赤ちゃん、9月20日(水曜)で生後100日を迎えたわけであります。
かわいいですから、ちょっと動画をご覧いただきたいと思います。

(動画を放映)

 はい、ということで、もう赤ちゃんパンダというよりは、子パンダにまですくすく育っております。そこで、赤ちゃんパンダの名前をということで公募させていただきまして、7月28日(金曜)から8月10日(木曜)にかけて公募いたしましたところ、何と32万件を超える応募いただきました。改めて赤ちゃんパンダの人気の絶大さを実感したところでございます。本当に皆さんからたくさんのお名前考えていただきまして、ありがとうございます。
それでは、皆さん、お待ちかねの名前を発表させていただきます。
発表します。「シャンシャン」。漢字で「香香」と2文字重ねます。ということで、とても呼びやすいかと思います。そして、とても香りがするような、かわいらしい名前になったかと思います。漢字の「香」という字を書くわけですけれども、ちょうどお花が開くような明るいイメージではないかなと思います。
ということで、皆さん、パンダの「シャンシャン」、今後もかわいがっていただきたいと存じます。
そして、この名前が決まるまでの過程について、若干ご説明をしておきますと、公募では、32万2,581件、ご応募いただいて、その件数の多かった上位の名前100点から、名前候補選考委員会において、同じような名前であるとか、国内外のパンダがいますから、同じ名前とか、それから既存のキャラクター名、商品名を除きまして、そして、その中から投票によって候補8案に絞り込んだところでございます。
今回選ばれましたこの「シャンシャン」という名前ですけれども、この8案の候補の中で公募での応募件数が最も多かった、そして選考委員会でも高い評価を得たということでございまして、これらを総合的な評価といたしまして、商標登録状況を詳しく調査しました。そして、中国との協議を経まして、最終的にこの「シャンシャン」という名前に決定をいたしたところでございます。
この名付け親になってくださった方々、たくさんいらっしゃるわけですけれども、その中から抽選で動物園からの記念品をお贈りする予定となっております。
それから、生後6カ月になるのが今年の12月頃になりますけれども、それを目途といたしまして、お母さんの「シンシン」と一緒に皆さんの前にお目見えできればと考えています。
ここでは記者会見しませんけど、パンダちゃん、上野動物園で「シャンシャン」、そしてお母さんの「シンシン」に会える日をもう少しお楽しみにお待ちいただければと考えるところでございます。
ということで、パンダの名前、決まりました。「シャンシャン」、どうぞよろしくお願いを申し上げます。
詳しくは、この後、上野動物園の園長さんが来られますので、そちらの方から詳しくお聞きいただければと思います。ありがとうございました。

(会見で使用したスライド資料は、こちらをご覧ください。)(PDF:167KB)
(動画はこちらをご覧ください。(外部サイトへリンク))


(テキスト版文責 政策企画局調整部政策課)

ページの先頭へ戻る