ごあいさつ・
プロフィール
施政方針 記者会見 知事の動き 知事と語る
東京フォーラム
海外出張・交際費

ここから本文です。

平成30年(2018年)3月2日更新

「東京の未来の姿」特設展示を視察

平成30年(2018年)2月28日(水曜日)、小池知事が「東京の未来の姿」特設展示を視察するとともに、出展作品を制作した児童・生徒と交流しました。
この展示は、「Beyond2020 東京の未来に向けて」の取組について考えるきっかけを広く提供することを目的に、子供たちが思い描く東京の未来の姿を表現した絵画作品を展示するもので、2月27日(火曜日)から3月4日(日曜日)まで、都議会議事堂1階 都政ギャラリーで行われています。

渋谷区立本町学園(小中一貫教育校)の7年生の生徒は、『子供が造る未来』と題し、クジラをモチーフにした自らの作品について、「これから発展していく私たちの未来を想像して、『こんなものがあったらいいなぁ』とみんなで、楽しく話し合いながら未来想像図を描いているところをイメージして描きました。描くときは色合いに気を配り、楽しさと明るさが出るようにしました」と説明しました。
私立武蔵野東小学校の児童8人は合作で『夢・Tokyo・未来』を描きました。児童の代表は、「『免許がなくても乗れる自動運転の乗り物。ロボットが町を整備する。都市開発が進み人々は空中都市をつくる。自然と共存した緑豊かな生活…』夢のある東京の未来を願い、描いた東京の未来の姿」と作品のコンセプトを語りました。
知事は、作品を観ながら児童・生徒たちに、「素晴らしい。素敵な作品になりました」、「(描くのに)どれくらいの時間がかかったの」などと声をかけました。

展示されている作品は91点で、都内の公立小・中学校のほか、都立中等教育学校・高等学校附属中学校、都立特別支援学校、私立小・中学校・特別支援学校の児童・生徒が出品しています。
また、3月7日(水曜日)から12日(月曜日)まで都立中央図書館で、3月17日(土曜日)から23日(金曜日)までは都立多摩図書館で展示される予定です。

視察の様子の写真1

視察の様子の写真2

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.