ごあいさつ・
プロフィール
施政方針 記者会見 知事の動き 知事と語る
東京フォーラム
海外出張・交際費

ここから本文です。

平成30(2018)年2月6日更新

平成29年度第2回都区協議会及び特別区長との意見交換会

平成30年(2018年)2月1日(木曜日)、平成29年度第2回都区協議会及び特別区長との意見交換会が都庁で開催され、小池知事が出席しました。

はじめに開催された第2回都区協議会の冒頭、知事は、「東京には少子高齢社会への対応、防災、治安対策、環境対策など、多くの課題が山積しています。こうした課題を解決し、東京をさらに持続的に発展させるためには、住民と最も近いところで尽力されている区長の皆さまとの連携が欠かせない」と挨拶しました。また、税制など、国が東京を狙い撃ちするような不合理な措置に対して、「皆さまとともに、オール東京で国に強く働きかけていきたい」と連携の重要性を強調しました。
会議では、平成30年度都区財政調整などについて、協議が行われました。

続いて、特別区長との意見交換会が行われました。
知事は、東京都受動喫煙防止条例(仮称)に触れ、「パブリックコメントを実施するなど、条例案の検討を行ってきました。この検討にあたっては、区市町村との連携・協力が不可欠であり、皆さまの御意見を伺いたい」と述べました。また、「さまざまな課題の解決に向けて、幅広い政策を着実に一歩ずつ前へ進めていきます。都民、区民のためにもしっかりと連携しながら、政策の実現にあたっていきたい」と話しました。
意見交換では、受動喫煙防止対策、子育て支援対策、東京2020オリンピック・パラリンピック関連や財源の確保など各区で共通する課題の他、街づくり、地域防災、交通整備など、地域特有の課題についても要望・意見が出されました。

知事の写真1

意見交換の写真

知事の写真2

ページの先頭へ戻る