ごあいさつ・
プロフィール
施政方針 記者会見 知事の動き 知事と語る
東京フォーラム
海外出張・交際費

ここから本文です。

平成29(2017)年12月20日更新

ジャイアントパンダ「シャンシャン」公開を祝う会

平成29年(2017年)12月18日(月曜日)、ジャイアントパンダ「シャンシャン」公開を祝う会が恩賜上野動物園で開催され、小池知事が出席しました。
これは、今年6月12日に生まれたジャイアントパンダ「シャンシャン」を12月19日(火曜日)から一般公開することに先立ち行われたものです。誕生時に147グラムだった「シャンシャン」の体重も、6か月を過ぎた現在は12キログラムを超えるまでに成長しました。

知事は、32万件を超える応募の中から『香香』という可愛らしい名前をつけていただいたとし、「野生のジャイアントパンダは絶滅の危機にあり、世界中で1,800頭ほどしか生息していないと言われ、シャンシャンはそのうちの大切な1頭です。シャンシャンの成長を通じて、動物園における野生動物の保護の取組を多くの方々に知ってもらう良い機会になります。これまで、シャンシャンの成長を温かく見守ってくださった方々、ご尽力いただいた地元関係者の皆様に深く感謝申し上げます」と挨拶しました。
汪婉 駐日中国大使夫人は、中国の芸術家が製作したシャンシャンの銅像を福田 豊恩賜上野動物園長に贈呈し、「来年は、日中平和友好条約締結40周年になります。シャンシャンが健康に育ち、平和の使者、友好の使者として活躍してくれるよう心より願っています」と話しました。
福田園長は、「上野動物園では29年ぶりとなる赤ちゃんパンダの公開を大変喜ばしく、誇りに思います。上野動物園での初めての自然交配の繁殖であり、とても大きな成果」と語りました。

写真

写真

写真

ページの先頭へ戻る