ごあいさつ・
プロフィール
施政方針 記者会見 知事の動き 知事と語る
東京フォーラム
海外出張・交際費

ここから本文です。

平成29(2017)年12月4日更新

東京2020パラリンピック カウントダウンイベント「みんなのTokyo 2020 1000 Days to Go!」

東京2020パラリンピック競技大会の開催まで1000日前となる平成29年(2017年)11月29日(水曜日)、カウントダウンイベント「みんなの Tokyo 2020 1000 Days to Go!」が東京スカイツリータウンで開催され、小池知事が出席しました。
知事は、同一都市で2度のパラリンピック大会を開催するのは東京が初めてであることについて、「東京が成熟都市であることの表れ」と述べました。また、ライトアップされたイベント会場について触れ、「皆さんの心の中に、パラリンピックを成功させようという輝きが灯りますように。素晴らしい東京大会となるように、これから1000日間、皆さんとともに盛り上げていきたい」と挨拶しました。
続いて、パラアスリート等によるトークセッションや、1000日後に向けた宣言が行われ、その後、パラリンピックのシンボルマーク「スリーアギトス」に使われている赤・青・緑の3色を使った、東京スカイツリーのライトアップの点灯式が行われました。

セレモニー終了後は、「パラリンピック競技の魅力発信」イベントとして、正木選手(柔道/ロンドン2012大会 金メダル、リオデジャネイロ2016大会 銅メダル)及び日本視覚障害者柔道連盟理事の初瀬氏による、視覚障害者柔道の紹介とデモンストレーションが行われ、競技の魅力が語られました。
デモンストレーションを見た知事は、迫力に圧倒されながら、「東京パラリンピックではまた金メダルを」と正木選手へエールを送るとともに、「プレーするアスリートの皆さんは、いろいろな困難を乗り越えながら、私達に感動を与えてくれます。皆さん、パラリンピックの成功のために応援して欲しい」と呼びかけました。

写真

写真

写真

 

ページの先頭へ戻る