ごあいさつ・
プロフィール
施政方針 記者会見 知事の動き 知事と語る
東京フォーラム
海外出張・交際費

ここから本文です。

平成29(2017)年11月20日更新

第72回九都県市首脳会議及び平成29年「九都県市のきらりと光る産業技術」表彰

平成29年(2017年)11月13日(月曜日)、第72回九都県市首脳会議が神奈川県相模原市で開催され、小池知事が出席しました。
会議では、始めに、首脳会議の下に設置する委員会等における検討状況等の報告がされたほか、地方分権改革の推進に向けた取組について協議が行われました。
続く意見交換では、東京都から「乳幼児液体ミルクに関する規定整備」について提案を行いました。
小池知事は、「災害時、水が出ない、お湯が沸かせないという時、乳児を抱えている家庭は困ります」とし、東日本大震災や熊本地震の際に、フィンランド製の液体ミルクが利用されたことを紹介しました。そして、「国に液体ミルクの活用に向けた法整備の早期実現を図ることを要望します」と述べるとともに、液体ミルクをビジネスとして成立させるためには大量のマーケットが必要として、自治体が災害時の備蓄用として液体ミルクを購入することへの協力を求めました。
各自治体からは賛同を得られ、九都県市として国に対して要望を行うこととなりました。
その他、各自治体からも提案があり、活発に意見が交わされました。

また、小池知事は、首脳会議の開催に先立って行われた、平成29年「九都県市のきらりと光る産業技術」表彰に出席しました。
これは、優れた企業・団体等およびその産業技術について、首都圏共通の財産として表彰するもので、今年度東京都は、世界を言語バリアフリーにする多言語ソリューション「QR Translator」を開発した株式会社PIJINを表彰しました。

写真

写真

写真

写真

ページの先頭へ戻る