ごあいさつ・
プロフィール
施政方針 記者会見 知事の動き 知事と語る
東京フォーラム
海外出張・交際費

ここから本文です。

平成29(2017)年10月12日更新

「Girl’s Leadership 女の子が変える未来」参加者と面会

平成29(2017)年10月6日(金曜日)、小池知事は、国際ガールズ・デー(10月11日)に向けて開催される、「Girl's Leadership  女の子が変える未来」((公財)プラン・インターナショナル・ジャパン主催)に参加している学生・生徒らと都庁で面会しました。

国際ガールズ・デーとは、「女子の権利」や「女子のエンパワーメント」の促進を、広く国際社会に呼びかける日で、2011年12月に国連によって定められました。「Girl's Leadership 女の子が変える未来」とは、2016年から国際ガールズ・デーに合わせて行われているアクションで、女子や若い女性が自分の可能性に対する認識を変え、行動するきっかけとするため、プラン・インターナショナルの各国現地法人が実施しており、女子や若い女性が、大統領や市長訪問、1日大臣などを経験し、メッセージを発信しています。今回は、本年3月に策定された「東京都男女平等参画推進総合計画」を学び、考えた点について提言を行うために訪問しました。

提言書を受け取った知事は、「皆さんが女の子の権利や可能性を世界に発信し、アクションを起こしていることを心強く、誇りに思います。世界中に、女性であるという理由で、自分の可能性に挑戦できない人がたくさんいます。一方で、女の子、女性だからこそ変えられる未来があるはずです」、「未来を切り開く鍵は『人』。担い手は皆さん若者。東京を、そして世界を、女性のパワーで一緒に変えていきたい」と話しました。

写真

 

ページの先頭へ戻る