ごあいさつ・
プロフィール
施政方針 記者会見 知事の動き 知事と語る
東京フォーラム
海外出張・交際費

ここから本文です。

平成29(2017)年10月12日更新

東京味わいフェスタ2017(Taste of Tokyo)

平成29(2017)年10月6日(金曜日)、東京味わいフェスタ2017(Taste of Tokyo)が都内で開催され、小池知事が出席しました。

このイベントは、10月6日(金曜日)から8日(日曜日)まで、東京産の農林水産物を使った料理や伝統文化など、東京の多彩な魅力を国内外に発信することを目的として、3つの会場で開催されました。丸の内エリア(丸の内仲通り・行幸通り・丸ビル)では、丸の内の有名店が東京の食材を使って調理したメニューが味わえるブースのほか、伝統の東京と現代の東京を体験できるマルシェや展示ブースなどが設置されました。有楽町エリア(東京国際フォーラム)では、「バラエティー・オブ・ニッポン」をテーマに日本各地のグルメ、お酒を紹介したほか、震災復興応援として岩手県、宮城県、福島県、熊本県の特産品を販売しました。日比谷エリア(日比谷公園)では、日比谷の有名飲食店が、東京の食材を使った料理を提供したほか、東京国際映画祭と連携したイベントなども開催されました。

小池知事は、有楽町エリアの「復興応援テント」、丸の内エリアの「東京の農産物」、「江戸東京野菜PR」のテントなど、各会場内を視察しました。丸の内エリアでは、知事、丸の内シェフズクラブ会長の服部幸應氏、mikuni MARUNOUCHIの三國清三シェフによるトークセッションが開催されました。知事は、「食通の方、美味しんぼうの方、東京を味わっていただき、東京を盛り上げていただきたい。『東京には美味しいものがあるから行く』という方が増えていくことを楽しみにしています」と話しました。また、知事は、東京産の豚肉や野菜を使ったmikuni MARUNOUCHIの『TOKYO Xバラ肉のトマト煮込み』を試食し、東京の食材の美味しさをアピールしました。

写真

 

ページの先頭へ戻る