ごあいさつ・
プロフィール
施政方針 記者会見 知事の動き 知事と語る
東京フォーラム
海外出張・交際費

ここから本文です。

平成28(2016)年12月20日更新

東京都青少年健全育成功労者等表彰式

平成28(2016)年12月19日(月曜)、小池知事は、都庁で開催された東京都青少年健全育成功労者等表彰式に出席しました。

都では、青少年の健全な育成活動に顕著な功績があった方々などを対象に、知事表彰を昭和39年度から、知事感謝状の贈呈を昭和53年度から行っています。
今年度は、警視庁委嘱少年補導員の方々71名、ガールスカウト東京都第57団の1団体、青少年松沢地区委員会ジュニアリーダーの1名、日向和田子供会など7つの青少年団体が知事から表彰されました。また、青少年問題に対する施策の推進に協力し、特に功績のあった85名の個人と2団体に知事から感謝状が贈呈されました。

小池知事は、受賞者等の長年の活動に敬意と感謝の意を表した上で、「近年、少年犯罪は確実に減少しているが、青少年がインターネットなどバーチャルな世界を介して、被害者、加害者になるような実態も見受けられる」と話しました。青少年を守り健全に育成していくためには、家族や地域が青少年としっかりと向き合って、コミュニケーションを取りながら、その成長を見守ることが大切とし、「皆さま方が推進している、青少年への積極的な声かけや防犯、掃除などの具体的な活動、イベントや街頭での補導活動などは、極めて重要な役割を果たしている」と述べました。また、「東京都は東京2020大会を契機として、これからも未来を担う青少年をスポーツや文化活動を通じて礼儀や人を思いやる心を育んでいけるように、さまざまな体験の機会を生み出していきたい。皆さま方の地道な活動が、将来の宝である子供たちを健全に育てていく。これからもよろしくお願いします」と挨拶しました。

写真

ページの先頭へ戻る